神谷COOからのメッセージ

リスクを取ること。
チャレンジしていくこと。

「チャレンジし続ける」がFujisanのスタンス。
失敗を恐れず、不確実性の高い領域にも果敢にチャレンジできる人を求めています。
Fujisanはひとつの失敗が大きなトラブルになりやすい会社ではないので、新しい分野でリスクがあるかもしれないことであっても、まずはチャレンジしてみて欲しい。
チャレンジした結果の失敗は、最大限の努力であれば全然ウェルカムです。

まずは意識して全力疾走をして欲しい。
全力疾走をした結果の失敗は経験値になります。一方で、結果を出すことも大切です。
Fujisanでは全力疾走を支えるべく、上司や同僚がいつでも支援できる環境作りに力を入れ、互いに助け合うチームワークの基礎となる「思いやり」を重要としています。

自分一人でできることは限られています。
周りの人と一緒に何かを成した方が絶対に効率良く、そして結果も大きくなる。

どうやって自分の周りを盛り上げ活躍に導けるのか
どうしたらみんなが心理的安全性を持ち、不安を解消し、全速力で自分の目指せる目標に進めるのか

この考えこそが「思いやり」の本質です。
Fujisanにいるスタッフはこの「思いやり」の意識を持ちながら日々業務にあたっています。

チャレンジに恐れず「思いやり」を持つ方と私たちは一緒に働きたいと思っています。

人事担当者からのメッセージ

Fujisanに入社前は出版業界との繋がりがあるということで硬い会社という印象でした。が、入社後、印象が一転。会社自体はいろいろと挑戦ができるベンチャー企業だったのです。
手を挙げると多くのことにチャレンジさせてもらえ、僕も経験ゼロでしたが、人事にチャレンジしたいと手を挙げたことで、今こうして人事担当として携わっています。
ただ、Fujisanの業務にはまだマンパワーで回している箇所もあり、改善したほうがよい部分もあります。この改善点に手を挙げ、良くするために自ら挑戦できるのがFujisanなのです。 現状維持を良しとせず積極的に仕組み化をすすめ、改善に導くことが評価されるので、積極的にチャレンジしたい方には自信を持って紹介できる職場です。 会社の存続率は20年で0.3%だそうです。 改善を経て変化し続けようとする企業だからこそ、今後どんな波が来ても柔軟に乗りこなしていけると感じています。
みなさまのエントリーをお待ちしております。
TOP
TOP