事業戦略として掲げる三本の矢

雑誌購読者を基軸とする個人の趣味・嗜好を集めた「ファンクラブ」の運営事業者を目指し、趣味・嗜好のデータベースを活用。富士の裾野にように広がる様々なライフスタイルをカバーする趣味のプラットフォーマーとしてのポジションを確立すべく事業展開しています。
また、雑誌×定期購読=趣味・嗜好の巨大なData Businessを有したFujisanは雑誌ビジネスの未来を担うため、事業戦略として掲げる三本の矢を中心に、ただの書店に留まらない「出版業界全体のパートナー」としてビジネスを拡大中です。

2018年6月、株式会社電通とジョイントベンチャー「株式会社magaport」、2019年10月に株式会社イードと「株式会社イデア」を設立致しました。
2021年3月、株式会社図書館流通センターと業務提携を行い、2022年4月より電子図書館「LibrariE & TRC-DL」における電子雑誌読み放題サービス「TRC-DLマガジン」を開始しました。

Dotdash meredith

さらに、国内雑誌にとどまらず、全米のミレニアル女性のおおよそ9割を含む月間1.85億人(MAU)にリーチするドットダッシュメレディスと、同社の雑誌ブランドを日本で広めるエージェント契約を締結致しました。
ドットダッシュメレディスは、世界76カ国で雑誌販売を筆頭に、デジタル、モバイルコンテンツ、アプリ、動画配信、記事のシンジケーション、イベント、展示会、コマース、マーチャンダイジング、教育、飲食業、テレビ番組などでライセンス事業を展開。
これらの広範囲なポートフォリオについても、Fujisanがエージェント業務を担います。

事業戦略として掲げる三本の矢

第一の矢 雑誌定期購読販売事業

第一の矢は、創業当時から継続している雑誌の定期購読販売事業です。 運営する雑誌オンライン書店Fujisan.co.jpは、月間100万件以上のサービス利用があるストック型のビジネスモデル。 定期購読継続率70%超の高い継続率で、1,000社以上の出版社と取引があります。
国内のほぼすべての雑誌をFujisan.co.jpで定期購読可能です。

ただ雑誌オンライン書店を運営するだけでなく、出版社にとっての定期購読の重要性を認識し、方針を合意できた出版社をパートナー(Special Partner)として契約。積極的に定期購読比率向上の施策を打ち出しています。
また、出版社のビジネスモデルを「会員」収益モデルへ変革し、Fujisan.co.jpがただの書店にとどまらず、定期購読のパーセンテージがより伸びる「勝ちパターンへの成功の方程式」を獲得するための事業進行も行っています。

定期購読には、読者にとって様々なインセンティブがあります。 たとえば、価格が半額になる、イベント参加への優待がある、毎号発売日にお手元に届く、通常手に入れることのできないマニア垂涎のプレゼントがもらえる等、意外と知られていない特典です。

一方、出版社にとって定期購読は返品率がゼロ。 読者と直接つながることもできます。そして何よりも販売部数を着実に増やすことが可能なのです。 こうした読者と出版社におけるメリットを繋げる事業を確立させ、日々進行しているからこそ、Fujisan.co.jpの実績は縮小する市場の中でも創業以来、毎年着実に成長し続けているのです。
dino

また、自社メディア構築用クラウドソリューションなどを提供する株式会社リボルバーの コンテンツマーケティングスイート「dino」において、オンライン書店「Fujisan.co.jp」とのID連携機能の提供を開始しました。

これにより購読者を増やす起点を作り、もっとFujisan.co.jpが読者にとって使いやすくなり、販売部数の増加を目指しています。

第二の矢 雑誌DX事業

第二の矢は、レプリカ雑誌のデジタルデータをデジタル書店へ提供する雑誌DX事業です。 Fujisanでは、国内外18以上の大手電子書店へ雑誌データを提供。紙の雑誌のレイアウトのままではスマートフォンで読みづらいという問題を解決するために、スマートフォンに対応した形で雑誌を配信するために必要な記事のシステム化も構築しています。

第二の矢では、デジタル雑誌をタブレットだけではなく、スマートフォンにも最適化するPDFデータを記事単位で生成。キュレーションサイト等への記事の販売や、出版社に対し雑誌単位でのWEBメディア作成や管理ツールを提供しています。
これにより出版社がWebメディアに提供する記事コンテンツを作成することも可能になりました。 例えば、デジタル書店の中のグルメ雑誌を集め、そのデジタル雑誌の記事コンテンツをPDFデータから記事単位でテキストを分け再整理し変換。こうして生成された記事単位データはWEBメディア運営や広告収益も可能となるのです。

Fujisanがレプリカ雑誌のデジタルデータを日本一所持している背景には、他社に先駆けていち早くデジタルに投資し、同じ場所を見ていた株式会社電通とJV(ジョイント・ベンチャー)である「株式会社magaport」を設立したことにあります。
2022年4月より、株式会社図書館流通センターが有する主に公共図書館を中心に提供している電子図書館プラットフォーム「LibrariE&TRC-DL」を経由して、Fujisanが取り扱う電子雑誌コンテンツをご利用いただける読み放題サービス「TRC-DLマガジン」も開始しました。

magaport

第三の矢 新たなプラットフォームの提供

第三の矢は、出版社に対し雑誌の販売/広告だけではない、新たな次世代雑誌ビジネスプラットフォームを提供する事業です。 出版社に対して、各ライフスタイル分野の会員増加とLife Time Valueを可能にするプラットフォームを提供しています。

マガコマース(物販)やイベント、会員管理プラットフォームを構築し、販売や広告に次ぐ、新たな出版社収益プラットフォームを提供。
雑誌の定期購読者と親和性のあるWEB通販サイトや有料会員サービスなど、雑誌の提供する趣味趣向をより深堀し、ユーザーへ新たな「生きがい」を提供する事業を手がけています。 既存の「壁」にとらわれず、その雑誌の”ファン”が何を求めているのかを分析し、「雑誌の壁を越える」ことを目標に出版社のパートナーとして進めていく事業です。

ただの書店ではなく、雑誌ブランドを活用したECサイト運営支援事業・EC店舗の運営を提案・運営。

出版業界を盛り上げるパートナーとしての地位の向上とともに、株式会社イードとFujisanの通販事業を統合して2019年10月株式会社イデアが誕生しました。
雑誌単位でのオリジナル商品の開発のみならず、出版社ECサイトの運営支援も行っています。

IDEA
TOP
TOP