《世界中の身の回りを豊かに》人とモノを結びつけるプロジェクト10選

  • 更新日


Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

《世界中の身の回りを豊かに》

人とモノを結びつけるプロジェクト10選

 
効率化重視のものづくりの時代が終わり、
人とモノの新しいつながり方が発明されはじめました。
今回はフォーブスで紹介されている、私たちの身の回を豊かにしてくれるプロジェクトを紹介します。
 


O’right
「環境」にこだわるヘアケアブランド


 

台湾発のヘアケア製品メーカー。
使用済みのコーヒーかすを原料とする育毛スプレーや土にかえるボトルをはじめ
すべての商品の90%以上が天然素材でできています。
日本を含む世界33ヵ国に販路を展開しています。
 
多摩美術大学TCL特任准教授の石川俊祐さんによると
「環境への配慮を軸に掲げる会社はゴマンとありますが、O’rightほど言葉と行動を高いレベルで一致させている企業はほとんどありません」
と話します。
 


Akoaki
アートと建築が融合し「場」をつくる


 

 
米・デトロイトを拠点とするスタジオ。
主に建築と都市デザインを手掛けます。
廃墟都市として名高かったデトロイトに、文化を媒介とした公共空間をつくり出します。
主な作品に移動式DJブース「マザーシップ」など。
 
トランスローカルマガジン『MOMENT』を創刊した白井瞭さんによると
「離れてしまった人と人をつなぎ直すため、彼らは住民たちのナラティブからファンク音楽やアフロフューチャリズムを結び付けてつくったモバイルのDJブースでパーティを始めました。都市に眠るカルチャーからともに未来をつくる好例です」
と話します。
 


 
さらに、
・売り上げの一部を世界の貧困問題解決にあてるアメリカのアウトドアブランド
・イギリスで刑務所から登場したレコードレーベル
・寺院に集まるおそなえを貧困家庭におすそわけするプロジェクト
など、人と人、そして人とモノをつなげるサービスやプロジェクトを紹介しています。
 
詳しくはこちらからお読みいただけます。