《健康的な暮らしと貯蓄》8年で1000万円貯めたヒケツはズバリ『体調管理』!

  • 更新日


サンキュ!

《健康的な暮らしと貯蓄》

8年で1000万円貯めたヒケツはズバリ『体調管理』!

 
『サンキュ!』の編集部の方が数々のお金を貯めてる人に会ううちに
風邪を引かない、3食ちゃんと食べる、ガッツリ寝るなど健康的な共通点に気付きました。
貯めてる人の健康と貯蓄は関係あるのかも、ということで取材をしたところ、
お金が貯まるいちばんの秘訣は『体調管理』だったそうです!
 
今回は実際に8年で1000万円貯めた松山さんの体調管理についてピックアップします!
 


8年で1000万円貯めたヒケツはズバリ「体調管理」


 

 
熊本県に住む松山ルミさん(37)は結婚12年目で、10歳、8歳、7歳のお子さんがいる5人家族。
給食センターでパートをしながら、週1回熊本日本新聞夕刊で漫画の連載も行っています。
 
パートは体調をくずして仕事を休めばその分収入が減り、
お子さんの体調が悪くて学校を休むことでルミさんも休み、収入が減ります。
なので、家族が健康でいることが家系の安定のためにはなにより重要だと話します。
 
生活の中で工夫しているのは、早寝早起き。
ギリギリまで寝ていたころは朝から忙しく、家事もお金の使い方も雑だったそうです。
早寝早起きをしてからは、体も心も整い、
家事がうまく回るようになった結果、お金も貯まるようになりました。
 
他にも、毎日お湯に浸かったり、腰痛予防でストレッチと筋トレをして体を積極的に動かしています。
 
ルミさんや家族が健康でいることで、毎月パートの収入(約10万円)
まるまる貯蓄に入れることができているそうです!
 


 
健康でいて、お金も貯蓄できれば最高ですね。
本誌ではルミさんが実行している健康法や貯蓄法を特集しています!
こちらからお読みいただけます。