《働く女性のあり方》私らしい働き方にたどり着きました!

  • 更新日

marisol(マリソル)

《働く女性のあり方》私らしい働き方にたどり着きました!

  Wワークの解禁など、ますます働き方が多様化する中で 私たちはどんなキャリアプランを選択するべきなのでしょうか? 自分らしい働き方を実現した6人のマリソル世代と キャリアプランの専門家が提言しています。  
  企業向けに生産性向上の仕組み構築を行うかたわら、 キャリアの迷子を支援するコミュニティ『朝キャリ』を主宰している 朝6時 代表取締役の池田千恵さんによると 迷った時に大事なのは、”自分の棚卸”をしてみることだといいます。   「過去を振り返ってみましょう。何をしたらうれしくて、どんな時に悲しかったのか。過去の出来事を掘り起こしてみると自分はリーダーよりバックアップのほうが向いている、など自分らしさが見えてくると思います。同時に分析したいのが(1)時間(2)お金(3)人間関係という3つの軸(以下記載)。これらを重ねて見ると、選ぶべきキャリアがわかってくると思います」   池田さんの言う、3つの軸それぞれから自分の希望を見出して重ねた部分が 選ぶべきキャリアだといいます。   (1)時間 ・可能な限り仕事に時間を使う ・ワークライフバランスを重視   (2)お金 ・多少のリスクがあってもお金を増やしたい ・収入はそこそこでも安定を求める   (3)人間関係 ・仲間とともに成功を成し遂げたい ・ひとりでマイペースに働く   自分を棚卸して、これらから選ぶこと(チューニング)が重要とのこと。  
  『夫と過ごす時間を増やしたい。だから働き方を変えました』 『本気を何かの形にできた時、応援してくれる人が現れます』   働く女性たちのそれぞれの生き方、働き方が本誌でインタビュー・特集されています。 今、転職や生き方に悩んでいる方はぜひご覧ください。 ]]>