《寿命まで健康でいたい》日本人女性がヘルスリテラシーを上げるには

  • 更新日

kiitos.(キイトス)

《寿命まで健康でいたい》日本人女性がヘルスリテラシーを上げるには

  日本人の女性の平均寿命は、平成28年の時点で87.14歳。 医療制度の充実から、平均寿命は延びて、 世界的でもトップクラスの長寿国になっています。 しかし、元気に自立して過ごせる期間を指す健康寿命は74.79歳日本の女性の平均寿命と健康寿命の差は12.35年もあるのです。   今この記事を読んでいる方は、 平均寿命全てを健康に全うできたらと思う方ばかりだと思います。   ネット時代の今、たくさんの情報が飛び交い、 私たちは健康にまつわる情報の取捨選択をすることが必要です。 それを“ヘルスリテラシー”といいます。 日本人のヘルスリテラシーは世界に比べて低いという調査結果が出ているそうです。  
    なぜ、日本人はヘルスリテラシーが低いのか、 原因は『かかりつけ医の不在』『ものごとを批判的に考えないこと』と 本誌では挙げられています。   イギリスでは、「家庭医制度」があり、かかりつけ医が決まっているそうです。 日本は自分で病院を選ぶことができるのですが、 かかりつけ医がいると、その家族の病気の傾向や 真っ先に相談できるなど利点が多いのです。   そして、メディアでおすすめされた商品が次の日スーパーで売り切れになるなど 日本人はメディア情報を鵜呑みにする傾向があります。 ひとつひとつの情報にたいして、「本当なのか」「自分に必要なのか」など しっかり考えたり、調べることが必要です。  
  日本において、女性がヘルスリテラシーを高めにくいのはどうしてなのでしょうか。 答えは本誌に掲載されています。 ]]>