《感動を受け継ぐパン》沖縄県の酵母パン・宗像堂

  • 更新日

nice things./ナイスシングス.

《感動を受け継ぐパン》

沖縄県の酵母パン・宗像堂

  ◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆   沖縄県宜野湾市にあるパン屋・宗像堂。 ここのパンは2日に1度作られる。   店主の宗像さんは30歳の頃に 知り合いの幸地京子さんに天然酵母を分けてもらい、 自宅の小さなオーブンで初めて自作のパンづくりをし、 今まで食べたどんなパンよりも美味しかったその味に感動し、 パンにのめり込んでいったそう。       初めてパンを作った3年後に「宗像堂」をオープンしました。         「初めて焼いたパンは幸地さん、今焼いているパンは僕の味がするはずです。 それほどに酵母は手をかけた人の経験値が折り重なっていくから」       現在はスタッフも増え、そして全国からお客さんがやってくる。 宗像さんは小麦の栽培や、パン作りのワークショップなども行い たくさんの人にパンを知ってもらうきっかけをつくっている。   それは昔、幸地さんにもらった酵母で作ったパンの感動を まただれかに届けるように。  
  本誌では日本全国のパン屋のストーリーが掲載されています。 記事の有効期限: 2019年10月2日 Wednesday]]>