《新たな働き方・文化》屋外で生まれる「アウトドア経済」

  • 更新日
  • 記事の有効期限 2020.11.26


Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

《新たな働き方・文化》屋外で生まれる「アウトドア経済」

 
◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 
上の写真はカナダ・トロントで毎年開催される移動遊園地
「カナディアン・ナショナル・エキシビション」の敷地内に設置されたジオデシック・ドーム。
透明の正多面体を使って市民がピラティスの教室を受講しています。
 
欧米各国では、都市封鎖に伴い、社会・経済活動が大幅に制限されましたが、
屋外へ活路を見出すことで、新たな働き方や文化が生まれつつあります。
写真から見る、欧米の屋外での過ごし方を見てみましょう。
 


 

 
ドイツでは駐車場を使ったナイトクラブが出現。
250台、計500人が車中から音楽を楽しんでいます。
 
新型コロナウイルスが押し寄せ、屋内での感染リスクが高まるにつれ、
世界中の人々が外の通りや駐車場、スタジアムで仕事と余暇を済ませるようになっています。
 

 
新鮮な空気を求めながら、買い物や投票、運動、少しだけ楽しむ場が広がっています。
路面で食事したり、ジオデシックドームの中でピラティスをしたり、
獣医がドライブスルー式に診察したり、果ては駐車場でナイトクラブが開かれたり。
 
これからの生活様式が変わっていく #ニューノーマル 時代ならではのものばかりです。
ウイルスに怖がる日々を打破し、新たな過ごし方が今後たくさん出てきそうです。
日本ならではの過ごし方も気になりますね。
欧米でのアウトドア経済・近頃の過ごし方の写真はこちらからご覧いただけます。

  • 記事の有効期限 2020.11.26