《時代はiPhoneで動画編集》見せたい部分だけをピックアップしてSNSでバズる!

  • 更新日

Mac Fan(マックファン)

《時代はiPhoneで動画編集》

見せたい部分だけをピックアップしてSNSでバズる!

  現在、iPhoneのカメラはかなりのクオリティで YouTuberもiPhone11 proを使って撮影するほど。 高品質なカメラを手にすれば、たくさん撮影したくなりますね。   そして、近頃は撮影した映像をそのままSNSにアップする人は少なくなり、 見せたい部分だけ切り取りの編集をしたり、 組み合わせたりする人が多いです。   iPhoneの標準アプリ「写真」とアップル純正動画編集アプリ「iMovie」を使えば かなり良い動画が作れます!  
「写真」アプリでできること
  iPhoneの標準アプリ「写真」では、動画の見せたい部分をトリミングすることができます。 なのでずーっと通して動画を撮影して、後でSNSにアップしたい方、見せたい部分だけを切り取りたい方は 「写真」アプリを使うのがオススメです! 保存時は、新規クリップとして保存できるので元の動画と編集した動画と残すことができます。   また、iPhoneの「カメラ」アプリで撮影モードをスローにして撮影すると、 動画のイン・アウトは普通の速さですが、中間はスローモーションになります。 そして、そのスローモーションもどこをスローにするかを指定できるんです。   その他、音だけを消したり、画面サイズを小さくしたり、明るさを調節したり フィルターをかけて味を出したりもできます。   もう時代はただ撮影するだけではなく、自分が動画を製作していく時代ですね。  
  本誌では各アプリの詳細・操作説明も詳しく掲載しています。 ぜひご覧ください! ]]>