《糖質OFFの最新知識》肥満や病気の根源は『食後高血糖』

  • 更新日

Tarzan(ターザン)

《糖質OFFの最新知識》肥満や病気の根源は『食後高血糖』

  肥満、イライラ、生活習慣病……そのすべてに関わるのは血糖値です。 食後高血糖が防げれば、カラダもメンタルも整い、生活習慣病リスクも大きく下げられます。   体型や健康のために、食後のカロリー、体重、体脂肪といったデータばかり気にしていた人も、 今後は血糖値を意識して食後高血糖を避けるべきです。   では、食後高血糖とは何なのでしょうか?なぜキケンなのでしょうか? 解説の一部をピックアップします。  
食後高血糖とは
  血糖値は、血中のブドウ糖である血糖の濃度で、70~110mg/dl未満に調整されています。 血糖値を上げるのは基本的に糖質だけです。 糖質過多の食事をした後、血糖値が140mg/dl以上に上がるのが『食後高血糖』です。   上がった血糖値を下げるのは、膵臓が分泌するインスリンというホルモン。 その追加分泌が遅すぎたり、少なすぎたり、効き目が悪かったりすると食後高血糖が生じます。   食後高血糖が起こると、インスリンが遅れた分だけ後から大量に出るため、 効きすぎて血糖値が一気にダウンします。 このように血糖値が鋭く乱高下する状態が『血糖値スパイク』です。   食後高血糖と血糖値スパイクは血管などカラダへのダメージが大きいもの。 健康診断で空腹時血糖値が正常でも、食後高血糖と血糖値スパイクの可能性は否定できません。 そこがドミノ倒しの発端となり、肥満などの悩みから、がんや認知症といった病気まで連鎖的に起こす心配があるのです。   逆に言えば、魔のドミノ倒しの発端となる食後高血糖さえ防げたらメリットは大きいということ。 その大きなメリットを次に紹介します!  
血糖値を整えるメリット
  血糖値を整えると、こんなメリットがあります。 (1)痩せられる (2)メンタルが安定する (3)若々しくなる (4)メタボが防げる (5)がんリスクが下がる (6)脳も若々しくなる   脳には食べ過ぎを防ぐ満腹中枢があり、脂質とタンパク質には満腹中枢が反応しやすいので食べすぎないのですが、 糖質への反応には鈍いので、過食して肥満に至ってしまいます。 食後高血糖を防ぐために糖質を控えれば、満腹中枢が過食にブレーキをかけるのでラクに痩せられます。   血糖はエネルギー源として必要不可欠なので、急な低血糖は緊急事態。 眠気が生じたり、イライラや集中力の低下が起こったりします。 これを防げれば、メンタルは安定してきます。   他にも、食後高血糖を防げればがんリスクが20%上がると言われている糖尿病も防ぐことになり メタボリックシンドローム、心臓病、脳卒中、認知症といったリスクも下がります。   そして、肌の張りや弾力を保つタンパク質は糖化が進むとシワができやすくなります。 糖化を抑えられれば、肌は若々しくなります。 食後高血糖を防ぐことができれば、いいことづくしなのがわかりますね。  
    本誌ではさらに詳しい血糖値の解説や、どんな風に血糖値をコントロールするかなどを紹介しています! こちらからお読みいただけます。  

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!
ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF! 割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪ 毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。 この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?   キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日   ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!
]]>