《自己投資の王者》より高みへと向かう羽生結弦の強いマインド

  • 更新日
  • 記事の有効期限 2021.03.05

GOETHE(ゲーテ)

《自己投資の王者》より高みへと向かう羽生結弦の強いマインド

  ◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆   自己投資とは、昨日よりも今日、今日よりも明日、 自分自身のアップグレードを意識すること。   年末恒例のGOETHEの人気企画『自己投資』では オリンピック連覇を達成しつつも、更なる高みを目指す羽生結弦選手を特集。   羽生選手の言葉、発言に嘘のない厳しい練習、 そして世界を魅了する姿と結果がそれを証明しています。   2020年も、世界のトップスケーターが集うグランプリシリーズの2大会に出場し、 どちらも他を圧する高得点で優勝を果たしました。 成績ばかりではなく、昨シーズンまでより、高いレベルの内容の演技をこなしています。     スポーツの世界ではしばしば「燃え尽き症候群」という言葉が用いられます。 目標を達成するなどして、意欲を失う現象。 でも羽生選手はオリンピック連覇という偉業を達成したにもかかわらず、 燃え尽きることなど無縁のようです。   驚くべき進化を支える原動力のヒントはある大会を終えたあとの言葉にヒントがありました。 「まだ20点、30点くらいだと思います」 羽生選手の自己評価は意外なほど低いものでした。   でもそれが初めてではなく、これまでも「もっと練習をしなければ」と語ることが何度もありました。   理想とする自己像は果てしなく高く、 理想に近づけばさらに理想を高く釣り上げていく。 どれだけよいパフォーマンスができても、そこにとどまりません。 より高みへ、高みへと自ら向かっていく。   そこに羽生選手の真骨頂、容易に真似ることのできないマインドがあります。 なので日々の練習の取り組みに緩みはなく 「今日」という一日を無駄にせず、理想へ向かうためにやるべきことに全力で取り組んでいます。   彼はまさに自己投資の王者と呼ばれる理由がこの記事では取り上げられています。 こちらから記事の続きをお読みいただけます。

  • 記事の有効期限 2021.03.05