《芸能人とねこ》パンサー菅良太郎「僕のことを餌をくれる温かい湯たんぽだと思っていると思います」

  • 更新日
  • 記事の有効期限 2022.04.23

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

1冊タダ読み!

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

芸能人の方々にもねこと一緒に暮らしている方はたくさんいます。

今回の『ねこ』では、芸能人とねこのインタビューを行っています。

その中からパンサーの菅良太郎とロシアンブルーのアンについてピックアップします!

 

僕のことを餌をくれる温かい湯たんぽだと思っていると思います

 

トリオ芸人・パンサーとして活躍している菅良太郎さんは7歳になるロシアンブルーのアンと暮らしています。

 

「7年くらい前、ねこが飼いたくて貯金していることを当時のレギュラー番組の担当ディレクターに話したところ、『パンサー菅、ねこを飼うという企画』が組まれ実際に飼うことになりました」

 

アンは女王様気質で、眠気まなこでクッションをこねる癖があるそうです。

サラリと華やかな立ち振る舞いもしますが、
マイペースな部分もあり、まにテーブルの下に頭をぶつけても
『何か問題でもおきました?』と澄ました顔をしているのも可愛く憎めないと言います。

 

 

仔猫のときには、少しやんちゃな一面もあったそうです。

 

「まだうちへやってきた頃、僕がゲームに熱中していたら股の間からずっと顔を見上げています。特に気にせずゲームを続けていたのですが、何を思ったのか突然飛びついてきて、首中引っ掻かれ血だらけになってしまいました。ほんと突然の出来事で必死に理解しようとしましたが、意味がわからなさすぎて笑ってしまいました」

 

今は家の中でもあまり干渉せず過ごしているそうですが、朝晩の冷え込む時間帯だけ、

アンはふてぶてしい感じで菅さんの上に乗ってきて、暖をとるそうです。

 


 

ふてぶてしい感じであったまりにくるのがかわいらしいですね。

 

パンサー・菅さん以外にもバッファロー吾郎の竹若元博さん、野崎萌香さん、大島由香里さんなど
たくさんの方のねこちゃんとの暮らしが紹介されています。

こちらからご覧いただけます!

こちらからお読みいただけます。

1冊タダ読み!
  • 記事の有効期限 2022.04.23