《親との別れ方》田村淳「"手術はもうしない"という母の最期の希望を受け入れた」

  • 更新日

eclat(エクラ)

《親との別れ方》

田村淳「”手術はもうしない”という母の最期の希望を受け入れた」

  アラフィー世代にとって、『親の死』は決して遠いものではありません。 それなりに覚悟はできていて、具体的な準備を始めている人もいるかもしれませんが、 “その時”を冷静に、穏やかな気持ちで迎えられるかと聞かれると、そうではないかもしれません。   また、すでに親との別れを経験した人の中には、いまだ気持ちの整理がつかないという人も。 避けることができない親との別れ、それをどう受け止めればいいのでしょうか。 親を見送った人の体験談や看取りの専門家のアドバイスがエクラでは掲載されています。   今回は、田村淳さんのインタビューをピックアップします。  
“手術はもうしない”という母の最期の希望を受け入れた
    コロナ禍にまみれた2020年の夏、72歳の母親を見送った田村淳さん。 肺がんが発覚してのちの闘病、逝くまでを、幼少期からの母との思い出を含ませながら 『母ちゃんのフラフープ』という本に綴っています。   がんが見つかったのは6年前、とてもたくましくて明るい人だったので、信じられなかったといいます。 直後に頭に浮かんだのは、20歳のころから、母からずっといわれていた 「私には延命治療はしないで」という言葉。   「元看護師だったんです。常に生と死を考えざるをえない現場にいた、それが大きかっただろうなと思います。それに死をめぐって、いろいろな家族の姿を見てきていた……そんなこともあったようです」   手術をためらった母を説得もしました。   「母ちゃんの意思は尊重するけど、これは悪いところだけをとる前向きな治療だよ。家族全員の総意だから、考えてと」   2ヶ月後、手術にいたり、無事にすみましたが、2年後に再発しました。 今度は「あらゆる手術も、がん治療もしない」と、母の決意は固かったそうです。 父と弟と3人で何度も話し合った末、母の最期の希望を受け入れることに。   「母ちゃんは人生を投げ出したわけではない、残された命を精一杯、生きる道を選んだのだと。それを見守ることが務めだと思いました。僕らはグループラインを作って、常に連絡を取り合うようになりました」   淳さんは人生でやりたいことをノートに書いていたことを知り、 その中のひとつの”屋形船に乗りたい”という思いを東京湾で叶えました。   「日頃からお世話になっている人たちをたくさん招いて、幸せな日でした。ずっと元気なのではないか、とさえ思えた」   しかし、病は進行していました。 主治医から余命が告げられた昨年、しばらくして大腿骨を骨折するかたちで入院に。 このころには全身に痛みを抱えていましたが、死を覚悟した母が最期に望んだのは 『なんとか一時退院して、長年、住み慣れた家で72歳の誕生日を迎えたい、孫たちにも会いたい』 という願いでした。   家族はその望みに応えました。 そして、再入院した母は息を引き取りました。   淳さんのお母さんは、“尊厳死求め宣言書”なるものを淳さんに送ったり、 『終活ノート』を残して家族それぞれに言葉を残したり、葬儀の会館や棺に入れてほしいもの、 遺影や住職、納骨堂、出棺のときの音楽なども決めていたそうです。 死を目の前にして、潔いと思えるほどの覚悟。   「何事にもへこたれずに、まるごと生きてきた母ちゃんらしい最期だったと思います。コロナ禍で参列者は12人とかぎられましたけど、みんなで泣き笑いしてしまうような、温かい見送りができました」   お母さん自身が、自分の死を受け止めて細かく意思表示をしていたことと 親子で気持ちを伝え合えたことにより、後悔はないという淳さん。   本誌では、親と子のコミュニケーションや、一周忌を迎えて今思うことなどを語っています。 こちらからお読みいただけます。 ]]>