《金融庁×うんこドリル》シリーズ820万部の教育コンテンツを活用し、まさかのコラボ

  • 更新日


ダイヤモンドZAi(ザイ)

《金融庁×うんこドリル》

シリーズ820万部の教育コンテンツを活用し、まさかのコラボ

 
金融庁の小学生向け金融教育サイト『うんこお金ドリル』が大評判です。
文響社の学習教材『うんこドリル』のうんこ先生がお金について楽しく教えてくれます。
 
『うんこドリル』は設問すべてに「うんこ」が絡むのが特徴です。
2017年3月に発行された第一弾『うんこ漢字ドリル』が小学生にバカ受け。
以来、算数や英語などにも「うんこ」で進出し、シリーズ累計で820万部と大ヒット中です。
 


 
その「うんこ」が金融庁とコラボしてできたのが今回のサイトです。
こちらも子どもにわかりやすく、興味を沸かせる設問の作り方。
 
『友達から「お金を貸して!」と言われた。どうすればいい?』
(1)すぐに貸す
(2)事情を聴き、納得できたら貸す
(3)代わりにうんこをあげる
(4)絶対に貸さない
 
本誌では、正解は自分で確認をと書いてあったので、
私も実際にサイトに行って、答えてみました。
『代わりにうんこをあげる』は不正解でした。(当たり前)
 
イラストも、あのうんこドリルのイラストがふんだんに使われており、
子どもも喜んで答えたくなる内容です。
ぜひ、親子で試してみてください。
 
こちらは予想以上に好評で第二弾も検討されているようです!
記事はこちらからお読みいただけます。