《10分で片づく家にする》1日1カ所、7日間のすっきり片づけプログラム

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

「がんばって日々片づけているつもりでも、全然片づかない!」という方も少なくないはず。

でも定位置、出しやすさ、動線など、ポイントを押さえれば少しずつでも片づけはできます。

家族の片づけコンサルタント・seaさんによるサッと部屋が片づく方法を紹介します!

 

10分でサッと片づく家の基本ルール

 

ものが散らかるのは、片づけ下手なわけではなく、片づけにくい仕組みにしているからだと
seaさんは言います。

「10分ほど片づければスッキリ見える家は、その人にとって、ものを戻す際の面倒がない家です。快適な暮らしの基準は人それぞれなので、誰かのやり方をそのまま流用しても続きません」

 

まずは、基本ルールを参考にして、頑張らなくても続けられる自分に合った片づけの仕組みを考えてみましょう。

 

やる気がない時でも片付けられる設定にしておく

 

“片づけられる自分になるぞ”と一念発起したときは、誰でもやる気に満ち溢れているもの。

しかし、その心理状態で片づけられる設定をしても、続きません。

ものが散らかるのは“戻す”のが面倒くさいからなので、
片づけの仕組みを考える時はハツラツとした自分ではなく、一番ダメな状態をイメージし、
それでもものを戻せる簡単なルール設定をすることが大事。

 

ここだけはいつもスッキリさせる、という場所を決める

 

一気に家中を片付けようとするとハードルがグッと上がってしまいますし、
家族全員にルールを徹底させるのもストレスが溜まって疲れてしまいます。

“片付いているのが正しい状態”と感じているなら、その前提は厳しすぎるのかも。

家族はさておき、ここだけはいつもスッキリさせようと決めること。

自分にとって快適な場所ができれば、次の片づけに繋がるモチベーションが湧いてきます。

 

郵便物、宅配はとにかく箱から出し、封を切っておく

 

書類管理に苦手意識がある人ほど、届いた郵便物や宅配便の荷物の開封を先送りにしがち。

要不要の判断をして片付ける、という一連の作業を一気にするのが面倒な時もあります。

そんな時でも封書や段ボールの封を開け、中のものを出しておくだけでストレスが減り、
次のアクションが起こしやすくなります。

片づけが億劫なものほど、気楽にできる1ステップを作り、実践してみましょう。

 

全て片付ける、全て隠す必要はないと知る

 

見た目重視の収納は、片づけに集中し続けられる環境でない限りキープしづらいもの。

玄関、リビング、ダイニングは優先的に片づけ、そのほかはつじつまを合わせる場所にすればOK。

日常的に使うもの、パンや果物など循環していくものは、置く場所を決め、出しておいてもいいでしょう。

 

10分で片付く家にする1日1カ所、7日間のプログラム

 

 

10分あればすっきり片づく家にするための下準備を7日間で整えていけば、
その後からはすぐにすっきり片づけられる部屋に!

 

DAY-1 ものを移動して整えて、洗面所の印象が激変!

 

初日に手がけるのは、スペースが限られていて物量が少なく、自分だけの判断で片づけられる場所。

今回は洗面所に決定!

 

「狭いスペースにものがぎっしり、しかもなんとなく置かれていて、よく使うものとそうでないものが混在して使いにくい状態です。まずは歯磨き関連、夫、妻のものなどを種類別に分け、置く場所を確定。よく取り出すものは直置きでもいいのですが、高さを揃えたり、まっすぐ並べて。それだけで整然と見えます」

 

使う頻度が低く、細々としたものは容器に入れて奥に。

グラスなども容器に使い、見せる収納の質も上がります。

 


 

本誌では7日間全てのプログラムが紹介されています!

実践して、10分で片づく家にしましょう!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!