《MacとiPadの使い分け》作業シチュエーション別、向き・不向きデバイス

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

ハードウェアとして共通するスペックを備えるモデルが登場し、“できること”が近づいてきたMacとiPad。

だからこそ「両方持っているけど、うまく使い分けられていない…」といった悩みを抱える人は多いことでしょう。

そこでMac Fanでは、各デバイスの得意なこと、苦手なことを整理し、それぞれを賢く使い分けるテクニックを解説しています。

 

今回は『作業シチュエーション別、MacとiPadの向き不向き』について紹介します。

 

作業シチュエーション別、MacとiPadの向き不向き

 

 

MacとiPadをうまく使い分けるには、まずはそれぞれがどんな作業に向いていることが大切です。

ここでは作業別にMac、iPadの向き・不向きを解説。

 

(1)長文のテキスト入力に向いているのは?

 

→Mac

 

長文のテキストを入力するというシチュエーションで言えば、iPadよりMacに優位性があると言っていいでしょう。

テキスト入力の快適度は好みの要素も大きいですが、
キーボードや日本語入力アプリ、テキストエディタの選択肢が豊富という点でMacに一日の長があります。

 

とはいえ、ひと組のキーボードをMacとiPadが共用できる「ユニバーサルコントロール」の登場によって、
こうした状況に変化が生じつつあるのも事実です。

お気に入りのMac用キーボードを使い、iPadで文章を入力することも簡単になりました。

 

さらに、iPad用のMagic Keyboardといったハードウェアキーボードを用意すれば、
iPadでMacと同等のタイピング体験を実現することも可能です。

また、Wifi+Cellularモデルであれば、よりモバイル性能が高い点も魅力になるでしょう。

 

(2)ビジネス書類の作成に向いているのは?

 

→Mac

 

ビジネス書類の制作には、Microsoft Office(「Word」「Excel」「PowerPoint」など)のアプリが広く用いられています。

MacとiPadそれぞれに最適化されたアプリがリリースされていますが、基本的な機能に大きな違いはありません。

しかし、ビジネス書類の作成やWindowsユーザとのファイルのやりとりを考えると、
マルチタスクな作業がよりしやすいMacのほうが利便性は高いでしょう。

 

また、iPad版で編集機能を利用するには、サブスクリプションプラン「Microsoft 365」を契約しなければなりません。

さらに、iPad版ではExcelのマクロ機能が利用できないなど、制約がある点にも注意が必要。

客先でのプレゼントいった用途であればiPadのほうが適している場合もありますが、
効率性が求められるビジネスシーンでは、Macをワークフローの中心に据えるのが現実的です。

 

なお、AppleのiWork(「Pages」「Numbers」「Keynote」)を使ってビジネス書類を作るのも選択肢のひとつ。

書類の編集をMac、iPad間でシームレスに引き継げるなど、Microsoft Officeのアプリでは実現できないメリットも多数存在します。

ただし、iWorkにおいても、Microsoft Officeのアプリに対応した形式に書き出せるなど、細かいところでMac版のほうが有利です。

 

(3)イラスト制作に向いているのは?

 

→iPad

 

イラスト制作においては、MacよりiPadにほうが明確な強みを持っています。

その大きな要因はApple Pencilへの対応です。

Macの場合、本格的なイラストを描くとなると、液晶タブレットあるいはペンタブレットを用意し、
それを設置するスペースも必要となります。

しかし、iPadはApple Pencilさえあれば、膝の上でイラストを描くことすらできます。

 

iPadとApple Pencilの組み合わせは、アナログのペンや筆で紙に描く体験をリアルに再現します。

また、最近ではiPad版の「Adobe Illustrator」といった高機能アプリの登場により、
たとえば描画したイラストを自由変形が可能なベクターデータに変換するなど、できることの幅が広がっています。

 

さらにM1チップを搭載したiPad ProやiPad Airはグラフィックス性能がパワフルなので、マシンへの負荷が高い、凝ったイラストの制作もなんなくこなすでしょう。

 


 

本誌では他にもシチュエーションの向き・不向きデバイスを紹介しています!

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2022

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

『Mac Fan(マックファン)』に関心のあるお客様へおすすめの『趣味・芸術誌』はコチラにあります!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!