《V6写真展》岡田准一というレンズを通した『V6としてのかけがえのない時間』

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

2021年11月1日のライブをもって26年の活動にピリオドを打ったV6。

『V6としてのかけがえのない時間を、永遠に閉じ込めたい』

メンバー最年少で、写真を撮ることを趣味としている岡田准一さんは、
そんな思いを抱いてグループ活動に幕を下ろすことが決まってから
6人で過ごすときは常にカメラを構え、シャッターを切っていたといいます。

 

そして、岡田准一さんが取り続けた写真を展示した写真展『Guys 俺たち』
4月8日から21日までスパイラルホール(東京・南青山、入場予約制ですでに完売)で開催されます。

今回はその写真展と、さらに発売される写真集から、その貴重な写真をピックアップします。

 

撮った写真は7000枚にも及ぶ

 

 

V6の解散が決まってからおよそ2年、心の琴線に触れた瞬間にシャッターを切り続けました。

その数は7千枚にも及ぶと言います。

 

そのなかから、フィルムカメラで撮影したアナログの写真のみで構成した初の写真集『Guys 俺たち』は4月8日に発売されます。

 

 

「写真集には、選りすぐられた作意のない写真が入ります。V6の最後を僕たちがどう過ごそうとしていたのかを、この写真集で感じてもらえるとうれしいです」

 

“岡田准一”というレンズを通した、唯一無二の姿を目に焼き付けたいですね。

本誌では他のショットも掲載されています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2022

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

『週刊朝日』に関心のあるお客様へおすすめの『趣味・芸術誌』はコチラにあります!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!