「夏に年をとる」は本当!? 髪のケアを怠らないために今知っておきたいリスク

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

もともと傷みやすい大人の髪ですが、夏はさらなるダメージリスクがいっぱい!

 

紫外線に汗に皮脂……髪と頭皮に迫る危機を理解して、万全の予防&対策をスタートさせましょう。

LEEで掲載されている夏に避けたいヘアリスクを紹介します!

 

夏のダメージを受けて髪悩みが多発!

 

 

『肌は夏に年をとる』といいますが、髪も同じです、と話すのは
美容エディター・毛髪診断士の伊能奈美さん。

 

「夏に年をとる」といわれる原因はなんといっても紫外線!

 

頭頂部は全身の中で最も紫外線が当たりやすいのに、日焼け対策をしないで放置してはいませんか?

ターンオーバーをしない「死んだ細胞」である髪の毛は、傷んだ部分は切るしかなくなってしまいます。

また、皮脂腺や汗腺がより活発になる頭皮では、ケアの甘さで赤み、かゆみ、フケなどトラブルの原因になることも。

 

秋になって髪や頭皮で後悔しないために、今こそ髪のリスク管理を心がけましょう。

 

髪を老けさせない!
4大リスク“ヘア”マネジメントで夏枯れしない!

 

 

夏の髪の毛が傷みには、色抜け、パサパサ、うねり、ベタつき・ニオイなどがあります。

これらをケアするにはどうすればよいのでしょうか?

 

まずは髪が傷む原因を知ることが大事です!

 

色抜けには『紫外線マネジメント』

 

紫外線の影響で髪の中にシステイン酸が増えると、せっかく入れた染料が内部成分とともに抜け落ちてしまいます。

頭皮も分け目に直接紫外線が当たれば、活性酸素が発生し、薄毛のリスクもアップ。

ヘアケアと同時に、帽子をかぶったり日傘を差すなど物理的な対策が有効です。

 

パサパサには『乾燥マネジメント』

 

髪に増えたシステイン酸はキューティクル損傷や内部成分の流出なども引き起こすので
パサパサ、スカスカのドライへア化も同時進行。

頭皮でも紫外線による乾燥が進行して、赤みやかゆみ、フケなどトラブルリスクが高まります。

朝夜のケアでコツコツ保湿を継続しましょう。

 

うねりには『湿気マネジメント』

 

ダメージで空洞化していたり、髪内部のタンパク質の配置が偏ったクセ毛は、雨や湿気で水分を含むと膨張して広がりやすくなります。

その影響を防ぐには、髪をアウトバスケアなどでコートして水分の出入りを防ぐこと。

専用のアイテムが続々登場しているので、注目してみましょう!

 

ベタつき・ニオイには『皮脂マネジメント』

 

皮脂や汗をきちんと落とせていれば問題なし。

週に1~2度、頭皮のディープクレンジングを積極的に取り入れましょう。

ひんやりアイテムで汗腺や皮脂腺を引き締めるのも有効です。

 

また、ドライヤーが熱いからと自然乾燥するのは要注意。

ムレにつながるうえに、ツヤが出せません。

 


 

本誌では各ヘアケアマネジメント法を細かく紹介しています!

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2022

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

『LEE(リー)』に関心のあるお客様へおすすめの『女性ファッション誌』はコチラにあります!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!