「見られる」「触られる」「嗅がれる」フランス式ボディー術

  • 更新日

エル・ジャポン(ELLE JAPON)

「見られる」「触られる」「嗅がれる」

フランス式ボディー術

  フランス女性は死ぬまで「オンナ」であり続ける、というほど美しい。 それは見た目ももちろん、触れられる、嗅がれるなど 接近戦にも強くなるためのケアを欠かせないからだそうです。  
見られるためのデコルテケア
    フランスでは、ネック&バストケアのコスメが多く、 デコルテのケアも顔と同様にするのが普通だそう。   フランス女性のバストのこだわりは 大きさではなく形。 フランスでは整形の人気No.1がバストだというほど。  
日本に上陸しているフランスコスメ
  レ ビュスト フェルムテ / クラランス 年齢や環境の影響を受けやすいバストの肌を保護し、ハリ感を与える美容乳液   オーキデ アンペリアル ザ ネック&デコルテ クリーム / ゲラン クレーム プールクー N  目に見えないメッシュフィルムのように、 首元・デコルテエリアを瞬時に引き締めリフトアップし、 色ムラのない明るく輝く上質な肌へ導く  
  東京では、サロンでケアができるみたいです。 プロの手で一度綺麗になるのも良い手かもしれません。 詳細は本誌に掲載されています。   また、触られる・嗅がれるに強くなるケア法も掲載しています! ]]>