『感動は心の栄養素』デヴィ夫人の元気習慣「いつまでたっても気持ちは10代」

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

いくつになっても年齢を感じさせず、いつも輝いている人をゆうゆうは特集しています。

そんな方々が心と体を若々しく保つために、心がけていることとはなんでしょうか?

テレビ番組で目を見張るような活躍ぶりのデヴィ夫人の元気習慣を紹介します。

 

感動は心の栄養素
1日に少なくとも10回、感動しましょう

 

現在82歳のデヴィ夫人、華やかな美貌は言わずもがな。

近年は、バラエティ番組でスカイダイビングなどに果敢に挑戦したりと
運動能力の高さにも驚かされます。

元気の秘訣は、『好奇心と感動する心を失わないこと』だと話します。

 

同じ人間なのだから私にもできるはず!

 

「自分に限界をつくらず、何にでも挑戦するのが、私(わたくし)のモットー。挑戦して、不可能を可能にすると達成感が得られますし、新しい自分を発見できます。そうすると心が高揚し、リンパやホルモンの働きが活性化して、肌や髪にもよい影響が表れるんじゃないかしら」

 

番組でいろんなことに挑戦してきたデヴィ夫人ですが、一番難しかったのはイルカショーだと言います。

 

「イルカの上に立ってサーフィンをするのです。最初に番組スタッフからお話をいただいたときは、無理、と思ったのですが……。若い女性が上手にやっているのを見て、彼女も私と同じ人間なのだから、彼女にできることが、私にできないはずはない、と思って(笑)

 

デヴィ夫人の辞書に『もう年だから』という言葉はないようです。

 

「まず、自分の年のことは考えませんね(笑)。いつまでたっても気持ちは10代。もともと私、少女時代はお転婆でしたの。運動が好きで、人を驚かせるイタズラも大好きでした」

 

華麗な経歴をもつデヴィ夫人ですが、好奇心旺盛なお転婆娘の心を失わず、年を重ねてきたのでしょう。

 

「イルカのサーフィンは、何度も失敗して壁に足を打ちつけ、あとで見たら青あだらけ。練習を重ね、痛い思いをして、疲れ果てて……でもだからこそ、できたときの充足感と達成感は格別です。それを味わいたいから、また次のことにチャレンジする。挑む気持ちがなくなったとき、私は年をとったと感じるのでしょう」

 

本誌ではさらに、若さを保つ秘訣として『感動すること』について話しています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2022

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

『ゆうゆう』に関心のあるお客様へおすすめの『ライフスタイル誌』はコチラにあります!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!