『災害発生後、3日間を生きる備え、してますか?』本当に買うべき防災グッズ!

  • 更新日
  • 記事の有効期限 2020.09.18


MONOQLO(モノクロ)

『災害発生後、3日間を生きる備え、してますか?』

本当に買うべき防災グッズ!

 
◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 
日本に住んでいる以上、災害はいつどこで起こってもおかしくありません。
地震、水害、火災、停電など、どれもいつ突然来るかはなかなか予測できませんよね。
だからこそ、防災グッズを準備しておくことが大事!
 
災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さんは
使いづらい防災グッズは無駄な上に危険だと言います。
本当に自分が必要な防災グッズはなんなのか、
今回はじっくり考えて準備にとりかかれる特集をご紹介します。
 


おすすめの持ち出し用防災バッグ


 

 
「避難所では配布されない、”絶対必要”なモノだけが厳選」
 
HIHの「ハザードバッグ20」Regular 1人用(実勢価格5280円)
総重量1800gで20種類もの防災グッズが入っています!
 
《内容》
災害時マニュアル、カンパン、携帯用ミニトイレ2つ、保存水、
カゴメ野菜ジュース、使い捨てカイロ2つ、LEDハンディライト、
単四電池4本、アルミポンチョ、三角巾、除菌アルコールウェットシート、
歯ブラシセット2本、ルンルン(絆創膏、綿棒)、マスク3枚、
スモークシャットアウト、レスキューシート、軍手、ロープ、
笛、ポケットティッシュ2つ
 
豊富な内容ですね。
重さも1.8kgと考えれば、お子さんや高齢者の方にも最適な軽量です。
手持ちとしても、リュックとしても使えるので状況に合わせて持ち方を変えられます。
 
他のおすすめ防災バッグはこちら

 


断水時の心配、トイレ問題は消臭力が最強のものを!


 

 
避難生活で一番心配で、ストレスにもなるのがトイレ。
断水時はたとえ家にいてもトイレが流れないので
用を足せたとしてもニオイがとても気になります。
 
今回おすすめされているのは、
三陽トレーディングの「SANYO50 簡易トイレセット」(実勢価格4860円)です。
 
洋式便器に袋をセットするタイプで、尿の凝固まで約1分半の時間はかかりますが
凝固直後だけでなく、翌日も袋の中・外と共にほとんどにおわないそうです。
そして、15年間の長期保存ができるので、1度買えばしばらくは安心です。
 
1回あたり97円というコスパで避難時のトイレが済ませられるなら良いですね。
 
断水時のトイレは不衛生で感染症の温床にもなります。
不特定多数が使う仮設トイレはその可能性が一気に高くなります。
個人や家族、会社で使用できる非常用の簡易トイレを備蓄して、リスクを軽減できるといいですね。
 
他のおすすめ簡易トイレはこちら

 


 
今回の記事は、なかなか準備できてないという人にこそ読んでほしい内容となっています。
 
他にも、火災時の投げるタイプの消化器や、
停電時の3日間しのげるソーラーチャージャー、
毎日3食食べても3日間飽きない美味しい非常食など
ただ生き残るのではなくてストレスを軽減させることができるアイテムが
たくさん紹介されています。
 
この機会に、家の防災グッズの準備や見直しを検討してみてはいかがでしょうか?

  • 記事の有効期限 2020.09.18