『面倒くさい』の正体は人間の本能!?【人生が変わる“15分”活用術】

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

「ヨガしようかな……でももっと寝ていたい」

「お風呂掃除したくないなぁ」

「パン焼きしたい!けれど時間がない」

「何か新しいこと、始めたい!」

 

してみたいことはたくさんあるのに、なかなか始められないのはなぜでしょうか?

 

『面倒くさい』の正体は人間の本能だった!

 

「面倒くさい」の正体は、明治大学教授・心理言語学の堀田秀吾さんが解説しています。

 

「およそ10~20万年といわれる人類の歴史の中では、いつ身の危険が訪れるか、次にいつ食料変えられるのかわからない、そうした時代が長く続いてきました。

そのため幼少期は別として、『できる限り体力を温存し、休む状態を保つ』のが、人間の本能的な欲求なのです。

つまり、動いていない状態は、“充電期間”で、必要がなければ動きたくない、新しいこともしたくない。それが“面倒くさい”の正体です。

 

2~3分よりはまとまった時間で、30分や1時間にくらべ、何かをするならずっと気楽にできるのが“15分”。

今回はその15分を有効活用している方が活用のコツを紹介してます。

 

15分なら気負わずにできる!
『時間をにごらせない』人生の充実習慣

 

 

整理収納アドバイザーの井田典子さんがいろんな方に家事の悩みを聞くと、
「考えるだけで気が重くてとりかかれない」と言うそうです。

『窓拭きしなきゃ』

『あれ片付けなきゃ』

考えるだけで“大変そう”というイメージばかりがふくらみ、肉体は疲れていないのに

先に頭が疲れてしまう…とのこと。

 

井田さんは『イマヤルノガイチバンハヤイ』と呪文のように唱え、
やるべきことはサッと終え、リラックスや夢中になるときはそこに没頭します。

すると、過ごす時間や生き方の密度も違ってくるのだそうです。

それが井田さんの思う『時間をにごらせない』こと。

 

15分という時間は、日々するべきことを済ませる目安にぴったり。

1時間の4分の1で、1日(1440分)の約1%。

「1日の約1%なら気が重くても苦手でも、やってしまおうという気持ちになりませんか?」

 

 

整理収納コンサルタントの本多さおりさんは子育て真っ只中。

時間を有効に使うために心がけているのは、家事にかかる手間や時間を減らすことです。

15分をどのように生み出すかより、突如与えられた15分を生かすために準備をしておく、というイメージ。

 

苦手な家事が楽になる方法を考えたり、持ちものや置き場所を見直したり、
自分と家族の今の暮らしに合う方法を、いつも試行錯誤しているといいます。

 

本多さん流の“15分”のスタート準備

 

本多さんが教える、「やりたい」と思ったことをすぐ実行するための準備が紹介されています。

 

家の「メインストリート」を意識して

変えてみて「使いやすい!」を体感

書き出して整理する

 

詳細は本誌にてご覧ください。

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!