『5年後に後悔しない最強の乾燥老け対策』皮膚科医が教える究極の保湿術!

  • 更新日

LDK the Beauty(エル・ディー・ケー・ザ・ビューティー)

『5年後に後悔しない最強の乾燥老け対策』

皮膚科医が教える究極の保湿術!

  ◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆   間違った乾燥対策はうるおい肌どころか、あなたの5年後をカサカサにしてしまいます。 今回のLDKは、今こそ正しい保湿ケアにスイッチすべく、 うるおい美肌に精通したプロ集団に徹底取材をしています。  
皮脂がたくさん=うるおい肌は大間違い!
  美容皮膚科医の慶田朋子先生によると うるおいは隠そうにある皮脂膜・細胞間脂質・天然保湿因子(NMF)の3大要素により保たれています。 このうち、皮脂膜が水分保持に役立つ割合はたった2~3%で、 皮脂の多さだけで肌のうるおいをカバーすることは不可能とのこと。 実際、表面上は脂っぽくても、肌内部では乾燥が進行していることも。   うるおい肌は3要素がすべてそろっていないと保てないので 皮脂を落としすぎてしまうのはNG!  
肌が乾くとバリア機能が低下! 刺激によるトラブルを起こし老けの元凶に…!
  皮膚科専門医の大仁田亜紀先生によると 乾燥して肌のバリア機能低下が続くと、刺激を直に受けやすくなりシミの原因になることも。 また表皮の奥にある真皮にも悪影響が及びます。 真皮は、皮膚のハリと弾力を保つ中心的な組織なので、真皮の働きが衰えると シワ・たるみを加速する要因になるそうです。   皮脂量が減る30代以降や湿度が低い秋冬は特に高リスク! 早めの乾燥対策、しっかりとした保湿が大切です。  
気になるドクターのセルフ肌ケア
    皮膚科のドクターたちは普段、どんなケアを行っているのでしょうか。 マネしたい習慣や愛用アイテムをインタビュー!   《銀座ケイスキンクリニック院長 慶田朋子先生》 「睡眠中の唇はワセリンパックで保湿」 皮膚が薄い唇のうるおいケアは毎晩欠かさずに。 口を「い」にすればシワの塗り残しもナシ! (ナビジョン ラッピングバーム)   「脱衣所に置いて入浴後すぐに塗ります」 最も肌が乾燥しやすいお風呂上がり。 下着よりも先に保湿剤をつけるのがマスト! 刺激が少なく親子でも使えます。 (ナチュラルサイエンス ママ&キッズ ベビーミルキーローション)   「10月中旬から加湿器をフル稼働です」 湿度50%を下回ったら加湿器の出番! 部屋の湿度を55~60%に設定し、角層から水分が蒸発するのを防ぎましょう。  
  まだまだ、ここには書き切れないほどの情報がたくさん掲載されています。 これから乾燥本番の季節! しっかりと保湿を怠らず、5年後の自分が喜ぶ肌を作っていきましょう! こちらからお読みいただけます。 記事の有効期限: 2020年10月21日 Wednesday]]>