【さらば!疲れるカラダ】糖質制限はほどほどに…肌や脳にダメージも

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

巷に流布される『体にいいこと』を試してみたけれど、たまった疲れはまったく取れない…

こんなことはないでしょうか?

正しいと信じていた習慣が、実は効果ゼロなんてことも……。

 

SPA!では間違いだらけの習慣を総点検し、正しい知識を紹介しています。

 

『基本のき』
食事や水分補給を間違ってはいけない!

 

 

『ダイエット』
糖質制限はほどほどに…我慢の末に効果が出ても、肌や脳にダメージも

 

短期で体重が落とせるダイエット法として注目される糖質制限

健康的な糖質制限は、3食のうち夕食だけ炭水化物を抜くか、朝と夜だけ抜くというやり方が推奨されています。

しかし、アンチエイジング医療の第一人者である日比野佐和子医師は、
30代の頃にダイエットを焦るあまり、3食すべての炭水化物を抜き、
かわりに脂質とタンパク質を好きなだけ食べるアトキンスダイエットをしたことがあるといいます。

そのダイエットは効果てきめんで、1年足らずで15キロ減成功しましたが、
シワやほうれい線が目立つようになり、肌のキメも粗くなってしまったといいます。

 

そしてある日の朝、右手と右足が痺れ、力が入らなくなってしまったといいます。

「検査をすると、糖質の代わりに脂質を過剰に取っていたせいで、脂質異常の状態になっていました。診断結果は『一過性脳虚血発作』で、放っておけば、いずれ重い脳梗塞を起こしていた可能性もありました」

 

脂質異常が動脈硬化を引き起こすのは、もはや定説。

糖質を断てば、確かにみるみる体重は減るかもしれませんが、安易な原料は疲れのもとでもあります。

 

【GOOD】3食のうち、夕食のみor朝夕だけ炭水化物を抜く

【BAD】3食すべての炭水化物を抜き脂質を過剰に取る

 


 

本誌では、他にも医師による健康なカラダのための正しい知識が紹介されています。

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!