【ときめく!スイーツ大賞2022】目でも口でも楽しめる最高のスイーツ100選

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

スイーツを食べに行くのも一大イベントにしたいこの頃。

パティシエが目の前で仕上げるケーキアシェットデセール(皿盛りデザート)
今の気分にもってこいの特別な体験ができます。

 

Hanakoでは今回で3回目となるスイーツ大賞2022が掲載されています!

信頼されている20名のスイーツエキスパートを審査員に迎え、
この1年を代表し、これからのスイーツ業界を牽引するであろう極上の逸品を16ジャンルから選出!

その数なんと100品です!

今回はその中からいくつかをピックアップして紹介します。

 

Regalez Vous(レガレヴ)のパリ左岸のスフレ

 

 

シェフパティシエの佐藤亮太郎さんが、
パリ最古のレストラン〈ラベルーズ〉時代に店の名物だったスフレをリニューアルし、
初の自店でも「パリ左岸のスフレ」(コーヒーか紅茶付き)3000円として提供。

 

オーブンを目の前にした席が最高の状態で食べられる”スフレ席”でいただけます。

プラリネのスフレが焼き上がると粉糖をまぶし、キャラメルオレンジソースをかけて完成です!

 

松本由紀子さん(スイーツコーディネーター)

「ほろ苦いブラッドオレンジのソルベでお口直しを」

 

nanashi(ハナコラボ/スイーツアンバサダー)

「濃厚なのに、こんなに軽いの!?と至福の体験」

 

LOUANGE TOKYO Le Museeのヴァン・ゴッホ

 

 

藤田浩司シェフがパティシエ世界大会で受賞した、ピスタチオムースがメインのアシェットデセール

アプリコットを利かせたムースの“花瓶”、パイナップルのロースト、
ココナッツのソルベなどで形作る“ひまわり”を配置しゴッホの名作を表現しています。

店内では芸術家の個展も開かれ、アートに囲まれたスイーツの体験が格別です。

3888円、事前に予約することを推奨します。

 

佐藤ひと美さん(スイーツライター/ジャーナリスト)

「食べることのできる芸術鑑賞は衝撃の出会いだった」

 

小野寺悦子さん(ライター)

「藤田浩司シェフのスイーツはビジュアルがとにかく鮮やか」

 


 

目でも楽しめて、お店の雰囲気も最高で、スイーツを存分に楽しめますね!

本誌では他ジャンル、総数100品のスイーツ大賞が紹介されています!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!