【アートの旅へ】2019年、北から南まで、日本は芸術であふれてる!

  • 更新日

エル・ジャポン(ELLE JAPON)

2019年、日本国内でアートの旅へ!

  今年は芸術の年! 3年に一度開催される瀬戸内芸術祭やあいちトリエンナーレ、 石巻や岡山でも芸術祭が行われます!   海外からも注目が高い芸術祭を紹介します♪  

『瀬戸内国際芸術祭2019』


  瀬戸内国際芸術祭は、日本はもちろん世界から集まった芸術作品が展示されます。 日本の古き良き景色と自然と芸術が融合する、現代アートです。   今回で4回目となる芸術祭。 第3回目の開催時には104万人が訪れました。 旅行客や、移住する人もいるらしく、島たちがどんどん盛り上がっています!   今年は、アーティストたちによる”小さなお店”がオープンしたり AIを搭載したシーソー皆川明ディレクションの泊まれる日本家屋など ちょっと耳に挟んだだけで「え!なにそれ!?」となる 話題性たっぷりな芸術が多数出展されます。   現代アート好きな方はもちろん、 瀬戸内に旅行へ行きがてら見てみるのもすごく面白そうですね。 綺麗な島と海、そして芸術作品が迎えてくれます!   【開催日・場所】 春 4月26日〜5月26日 夏 7月19日〜8月25日 秋 9月28日〜11月4日 瀬戸内海の12の島と高松港・宇野港周辺  
  京都で行われる『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019』や 石巻を中心とした『リボーンアート・フェスティバル 2019』など 2019年はたくさんの芸術祭典が行われます。   本誌でぜひチェックして、今年は芸術の旅へ出かけてみませんか? ]]>