【インタビュー】村上春樹が選ぶ、今の時代だからこそ読むべき本

  • 更新日

BRUTUS(ブルータス)

【インタビュー】村上春樹が選ぶ、今の時代だからこそ読むべき本

  村上春樹さん、今、どんな気分ですか? 「どんな状況でも、人は楽しめるなにかが必要です」と言うように 最近の村上さん周りはなんだかにぎやかです。   ラジオ番組を始めたり、自伝的エッセイを書いたり、 「楽しくやっているうちに、気がついたら一冊分できていた」という クラシック・レコードの本や、なんとなく集まってしまったTシャツの本。 おまけに村上春樹ライブラリーまで。   今回のBRUTUSでは村上春樹さんを特集しています。 ピックアップするのは『読む』をテーマにしたインタビュー記事です。  
  最近も読書されていますか? 「読んでますね。ちょっと時間が空いた時とかに。僕の『51冊の本』を選んだじゃない?(本誌掲載)あれを読み返して、結構面白かったですよ。選んだけど、ずっと昔に読んだきりだったから、『どんなだったっけなあ』と思って」   新刊もチェックしていますか? 「新刊……。あんまり書店に行ってないからね……。柴田元幸さんが翻訳したのを僕のところに送ってくれて、それを読んでるだけで時間が……。こんなに早くたくさん仕事する人いないよなと思って。だって、読むより翻訳する方が速いんだもの。柴田さんの本は結構読んでます。あとは最近、新刊で文学ってあまり読んでないですね……。ミステリーとかは結構読んでるんですけど」   ミステリー! 「ミステリーを読むの好きですよ。僕は何を隠そうジャック・リーチャーのファンだから。ジャック・リーチャー・シリーズはマメに読んでますね」  
    少し話は変わりますが、今みたいな時代だからこそ、もう一度読み直したら面白いぞとか、意味が変わってきてこの時代に合ってるぞみたいなものってありますか? 「今の時代だとエドガー・アラン・ポーなんかはもう一回読み直してみたいなと思いますね。『赤死病の仮面』ってあってね。ペストがあってみんな閉じこもってとか。コロナの時、僕はあれを一番最初に思い出したんですよね。ポーの話って今の時代に読むのにいいんじゃないかなという気がだんだんしてきて。……ポーはいいなあ」   本誌ではインタビューの続きや『村上春樹の私的読書案内。』という村上さんが選ぶ51冊の本が紹介されています。 こちらからご覧いただけます。  

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!
ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF! 割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪ 毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。 この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?   キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日   ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!
]]>