【ストレスは貯めないでお金を貯める】書いて、歌って、泣いて20代で約700万円貯めた人

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

「お金を貯めるためにこれは我慢しなきゃ」と、無理に節約していませんか?

でも実は、上手にお金を貯めている人たちは、みんな『好きなことや欲しい物は我慢しない』と言います。

 

貯める秘訣は『お金を使わないこと』ではなく、『自分や家族が満足することにいかにお金を使うか』なのです。

 

今回はサンキュ!に掲載されている、お金のかけどころと貯め方のポイントを紹介します。

 

書いて、歌って、泣いて20代で約700万円貯めた人

 

 

やりたいことリストや目標、本の感想など、自分の思いや考えは書くことで整理されるというkyouさん。

愛知県に住むkyouさん(29歳)、夫(31歳)、長男(3歳)の3人家族。

kyouさんは専業主婦で結婚5年目、夫の月収は手取りで約32万円、住まいは2LDKの賃貸マンションです。

20代のうちに700万円を貯め、最近、車をキャッシュで購入しました。

 

心配性な性格のため、家計簿も小まめに書いては見返す、を続けてきました。

結果、貯蓄額も日々のやりくり費もきちんと把握できるようになり、
去年の1~3月に月収が10万円以上ダウンしたときも、
『そんな月があってもうちは貯蓄できているからしばらくは大丈夫』という夫の言葉に納得できたそう。

 

ひたすら書き出したことで、ストレスなくお金を使えるようになったという
kyouさんのノートテクと気持ちの整え方とはどんなものでしょうか。

 

毎月のやりくりは、2冊のノートで家計を管理!

 

ノート(1)家族のお金まとめノート

ライフプランなどを書き込める『サンキュ!』22年5月号の付録と、
貯蓄率や日用品の年間購入表はこのノートに記入しています。

 

ノート(2)家計簿

固定費は約13万4000円で、固定費以外で毎月15万円の現金があれば暮らせるというkyouさん。

先取り貯蓄は3万円、残し貯めは約6000円でした。

 

家計簿とデスクはキッチンのすぐ横にスタンバイして、
書きたいタイミングですぐ家計簿に書き込めるようにしているそうです。

 

教育費も新車代も書き出したら「いける!」と思えた

 

 

長男の大学入学までに700万円を目標に妊娠中から積み立て開始。

学資保険(ボーナスから支払い。10年払い込みで返戻率107%)と児童手当、
貯蓄でそれぞれいくら貯まっていて、何年後に目標額に達するかをグラフで把握しました。

 

18歳までに700万円貯める計画を立て、ノートにしっかり書き、
目標や意思を再確認することで貯蓄目標に近づけたといいます。

 


 

本誌ではさらに、kyouさんの歌ったり、泣いたりと人間的な部分でも貯金に繋がったヒントが紹介されています。

 

さらに『家を整える・習い事をする、それで年300万円貯まる人』
『カフェ、ネイルにお金を使っても、年100万円貯まる人』も特集されています!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!