【ダイソン・EV開発中止の経緯】CEO、ローランド・クルーガーインタビュー

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

【ダイソン・EV開発中止の経緯】

CEO、ローランド・クルーガーインタビュー

もともとBMWや日産など長年自動車に関わってきたローランド・クルーガー氏
電気自動車(EV)開発のためにダイソンに入社するものの、
半年後にはEVの開発は中止を発表。

CEO(最高経営責任者)ローランド・クルーガー氏本人が
日経ビジネスの編集長インタビューに答えています。


ローランド・クルーガー氏は1965年、ドイツ出身。
BMWジャパンの代表取締役社長を経て、BMWのシニア・バイス・プレジデントに就任。
その後、日産自動車の執行役員兼インフィニティ・モーター・カンパニー会長を務めました。

2019年4月にダイソンに入社し、同年10月にはCOO(最高執行責任者)になり
2020年3月からダイソンのCEOに。

余暇はウルトラスポーツを楽しみ、
ドイツ人で初めてスキーによる無支援単独南極点到達を達成しました。


創業者でチーフ・エンジニアのジェームズ・ダイソン氏とは
どのように役割を分担しているのでしょうか。

「役割分担は明確です。私はCEOとしてシンガポール発で世界83ヵ国の事業を先導し、創業者はチーフエンジニアとして新しいアイデア、新しいテクノロジーを導く役割を続けています。
サイクロン式掃除機などの製品は、ダイソン氏自身の創造性から生まれてきました。だからこそ、ダイソンがここまでユニークな存在になっていると思います」

ローランドさんは独BMWや日産自動車を経て
19年春に電気自動車(EV)の開発のためにダイソンに入社しましたが、
その半年後にはEV開発の断念を発表しました。
どのような経緯があったのでしょうか。

「EV開発というアイデアはダイソンの創造力の中から生まれ、私は入社したときにも本当に面白いアイデアがありました。開発を次の段階に引き上げ、ビジネスとして成り立つかどうかを財務的に検討していく中で、プロジェクトを中止するという判断に至りました。企業が新しい製品を作ろうとする中では、当然あり得る判断ですよね」

自動車業界の経験が豊富なローランドさんから見て、
自動車業界への参入においてダイソンには何が足りなかったのでしょうか。

「自動車業界で、小さな企業が商業ベースで本当に事業を成り立たせることができるのか。我々は財務的に採算が合わないという判断を下しました。ただ、そこで育ったテクノロジー、イノベーション、エンジニアが他の事業に移っています。EV開発プロジェクトを通じて得たものが、会社全体にすごくいい効果をもたらしています。
事業的に成り立たないという状況から、成果を横展開してプラスに換えられたのは、ダイソンの良さだと思います


今後のダイソンの展開や、チームについてのインタビューの回答は
こちらからお読みいただけます。

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!