【常識外で生きる異端者たち】全米中を移動するトレインホッパー

  • 更新日

HOUYHNHNM Unplugged(フイナム・アンプラグド)

【常識外で生きる異端者たち】

全米中を移動するトレインホッパー

  貨物列車に勝手に乗り込み、 気の向くままにその日暮らしを続ける放浪者たちがトレインホッパー。 日々、”してはいけないこと”を続ける異端者たちの明日なき生活とは。   この取材を行ったのは写真家・名越啓介氏。 19歳で単身渡米をしてスクワッター(不法占拠者)と共同生活をしながら撮影。 写真集も何冊もリリースしています。  
  世の中のルールや理から少しはみ出したようなひと、場所、コミュニティなどを 好んで撮影する名越氏。 彼が今一番「してはいけないこと、しよう」をしている人といえば 『トレインホッパー』を挙げました。   なんと、ファーストコンタクトはインスタグラムだったそう。 企画チームで何人もの人にインスタグラムで連絡をして、 たくさん送って、少しだけ返ってきた返信から入っていったそう。   今の時代、どこにいるかは携帯で連絡を取って知れるのがすごい、と語る名越氏。 「けど、それって自由なようで自由じゃないのかなって思ったり」   この時の撮影は、約1ヶ月ほど、オレゴン近くからネバダ、 カリフォルニア、アリゾナと南下していったそうです。   街を移動する道すがら、途中で働いてお金を稼ぐトレインホッパーや DIY精神が基本的なマインドで手持ちの服がワッペンや鋲がいっぱいのものなど 名越氏だけが撮影できる写真たちが本誌で掲載されています。 ]]>