【愛犬・災害対策】同行避難と同伴避難の違いはなに?

  • 更新日

RETRIEVER (レトリーバー)

【愛犬・災害対策】同行避難と同伴避難の違いはなに?

  ◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆   災害発生時、『自分の命は自分で守る』は原則ですが、 家族に愛犬がいる場合、愛犬の命は飼い主が守る、これも鉄則です。 いざというとき、安全かつ最善の行動をとるために 普段から意識しておきたいこと、備えておきたいことを知っておきましょう。  
混同しやすい『同行避難』と『同伴避難』
    「同行避難」は災害発生時に飼い主がペットと一緒に避難所など安全な場所に避難することです。 過去の災害では同行避難をせず、飼い主とペットが離れ離れになるケースが多数発生しました。 現在、国や自治体が災害発生時の飼い主の役割として同行避難を推進しています。   同行避難は、ペットを守り、被災した飼い主の心のケアに役立つだけでなく、 地域の治安維持や生活環境保全という点からも必要なことです。   同行避難は、避難所でペットと一緒に過ごせるかどうかは自治体や避難所によって異なります。 また、同行避難と混同されやすいものに「同伴避難」があります。 同伴避難は被災者が避難所でペットを飼養管理することです。 ただし、同伴避難であっても、ペットと同室で過ごせるとは限らず、 飼養の環境は自治体や避難所によって異なります。  
    愛犬を守るためには、自分を守ることが愛犬を助けることに繋がります。 災害発生時の対応に「自助」「共助」「公助」という考え方があります。   自助…自分で自分の身を助けること 共助…コミュニティ内で力を合わせて助け合うこと 公助…公的な機関の支援   災害発生してからすぐは、だれかの助けを期待するのではなく、 自分の命を守ために自分で判断し、行動することが重要です。 愛犬を守るためにも自助。 自分の命を守るために避難すべきか、留まるべきかを判断し、 避難する場合は犬を連れて同行避難する。 愛犬の安全を確保し、避難後の飼養も飼い主自らが責任をもって行うことが原則となります。   避難所・自治体ごとに決まりや利用内容、同伴避難時の必要な持参物も結構違うので お住まいの場所、災害時避難するであろう避難所や自治体のHP等を確認してみてください。   こうした考え方や、準備、心構えなどを本誌では詳しく解説しています。 日本はいつ災害があってもおかしくない国。 今一度愛犬を守るために、記事を読んでみてください。 記事の有効期限: 2021年3月20日 Saturday]]>