【明るくさっぱりした部屋づくり】梅雨が明けたらレースカーテンを洗いましょう!

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

梅雨から夏へ、日ざしが強くなると気になるのが窓辺の汚れです。

レースのカーテンを洗って窓を拭けば、部屋は明るくさっぱりします!

今回、婦人之友に掲載されているレースカーテンの洗い方・メリットを紹介します。

 

レースカーテンを洗いましょう!

 

 

レースのカーテンを洗うのは年に2回で、窓拭きとセットがおすすめ。

ポリエステルは汚れが溜まると落ちにくいので、早めに洗いましょう。

車の往来の多い通りに面した窓辺では、洗濯回数を増やしたほうがいいかもしれません。

 

レースカーテンのみの洗濯なら、2度洗いしても短く脱水して、すぐにレールにかけて乾かすだけなので、
場所も手間もかからず、思うより気軽にできますよ!

 

 

レースのカーテン洗いに必要なもの

 

レースのカーテンを洗う際に必要なものはこれだけ!

・洗濯用洗剤、住居用洗剤(カーテンの重さに対して十分な量・標準濃度)

 

もしカーテンにシミがついていたら…

・小さなボウル

・コットンたわし

・洗濯用固形石けん

 

レースのカーテンを洗う際のポイント

 

(1)カーテン洗いは晴れた日に行いましょう

 

窓拭きはくもりや雨の翌日が、ほどよい湿気できれいになります。

 

(2)カーテンを洗う前に、窓の内側が汚れていないか見ておく

 

はたきをかけたりサッと拭いておきましょう。

 

(3)ポリエステルは水だけで洗うと生地に汚れが戻りやすい

 

また、浸けおき洗いでも再度汚れがつきやすいそうです。

水温を上げると汚れが落ちやすくなりますが、生地を傷めないよう40度以上にはしないようにしましょう。

そして洗剤はよくあわ立てましょう。

 


 

レースカーテン洗いには、洗剤の量、洗濯ものの量、水量もポイントになってきます。

本誌では詳しい説明が記載されています!

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2022

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

『婦人之友』に関心のあるお客様へおすすめの『ライフスタイル誌』はコチラにあります!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!