【江戸時代から受け継ぐ伝統柄】オリンピックにも採用された、日本のさまざまな紋様

  • 更新日


月刊江戸楽

【江戸時代から受け継ぐ伝統柄】

オリンピックにも採用された、日本のさまざまな紋様

 
◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 
反物に美しく染め抜かれた紋様は、
浴衣や着物だけでなく、駅やレストラン、
商業施設など様々な場所にもあしらわれ、日本らしさを演出されています。
 
2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムに
組市松紋が採用されたことも記憶に新しいです。
 
紋様それぞれにはしっかりと意味があり、洒落と粋を愛する江戸っ子は
生活にそれを取り入れていたそう。
現代の私たちが見ても、心動かされるものばかり。
その伝統紋様の世界を覗いてみましょう!
 


 

 
『縞』
縦縞、横縞、線の太さ、数、間隔、色など
多種多様な縦が存在します。
江戸時代にバリエーションが増え、流行の柄となりました。
 
『格子』
縦と横が交差した紋様。
格子戸の目のような紋様であることからこの名で呼ばれることに。
「菊五郎格子」や「弁慶格子」など、歌舞伎に由来して庶民に流行したそうです。
 


 
紋様は縞、格子だけでなく数え切れないくらいたくさんあります!
それぞれの意味や、時代などはこちらからご覧ください♪