【美しい一皿】レストランは『大人の男女が繰り広げるドラマの舞台』

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

思わず写真に収めたい、記念日ディナー

 

レストランはただ料理を食べる場所ではなく、『大人の男女が繰り広げるドラマの舞台』でもあります。

大人のドラマは昨今の言葉で言い換えるなら『映える要素がふんだんな店』でこそ数多く生まれています。

 

 

今回の東京カレンダーでは、
大人に支持されるデートレストランで見つけた、とっておきの『映えるグルメ』を特集。

 

美味しいひと皿、グリッド感、臨場感抜群、忠実に再現、

すごい絵力、美しい仕掛け、秘密の空間…

 

7つのポイントで大人映えするグルメ&サービスを余すことなく紹介しています。

 

今回はその中から『美味しいひと皿』を紹介します!

 

アーティスティックな料理をコレクションする優越感!

 

 

器を生かした“間”の使い方で希少な赤身肉の存在感は際立つ
レストラン ローブ『土佐あかうしのロースト』

 

器自体が本物の芸術作品。

東麻布にある『レストラン ローブ』の今橋英明シェフは、
陶芸家・柳井友一さんの『侵食していく器』に感銘を受け、そこから料理を考案しました。

左上が欠け、釜の熱を感じさせる皿に合わせたのは、炭と朴葉が香る土佐あかうし。

 

「お皿と料理の“間”を大事に欠けた部分の儚さを尊重しつつ食材を置きました」

 

希少な和牛に添えたのは、3種に調理したプチベール。

不完全な美学のようで、口に入れれば完璧な調和を果たします。

 

シェフとパティシエの創造性が重なり合う東麻布の隠れ家

 

“ローブ”とは始まりや夜明けを意味する仏語。

劇場型の店内では、生産者の思いを込めた今橋シェフの料理から、
妻の平瀬祥子さんによるでセールへとつながり、新たな物語を生み出します。

 

大地の茶色と深海の濃紺、それを調和させる白を基調とした内装も酒脱です。

 


 

本誌では他にも映える要素がふんだんな店をたっぷり紹介しています!

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2022

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

『東京カレンダー』に関心のあるお客様へおすすめの『グルメ・旅行誌』はコチラにあります!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!