【血管力】血管をみるみる若返らせる5つのポイント

  • 更新日
  • 記事の有効期限 2022.01.27


毎日が発見

【血管力】血管をみるみる若返らせる5つのポイント

 
◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 
年齢を重ねるほど血管は衰えていきます。
しかし、運動や食事を見直すことで血管力がアップして、何歳になっても若々しく過ごすことができる
医学博士・池谷医院院長の池谷敏朗先生は言います。
 
今回は、血管の衰えを鍛えることで若返り、健康につながる理由を紹介します。
 


そもそも血管力とはなんでしょうか?


 

 
『血管力』とは、血管全体がしなやかさを保ち、その内壁(内側)がなめらかで、
血液をスムーズに循環させることができる力のこと。
ちなみに血管年齢は、血管年齢は血管の硬さを表した指標で、
血管が“何歳相当に硬くなっているか”を表すものになります。
 
もし、血管力が低下すると、

  • 見た目の老化
  • 血管事故
  • なんとなく不調
  • 認知症
  • 寝たきり

などの症状が起こることがあります。
 
では、血管力をアップするにはどうすればよいのでしょうか?
 

《運動》

血管力を上げるには、血管内皮細胞の健康が重要です。
そのためには、血管を拡張させたり、血液をスムーズに巡らせる作用をもつNO(一酸化炭素)を増やすのが近道とのこと。
 
軽い有酸素運動や筋肉をよく動かす運動が効果的です。
 

《食事》

おすすめは。面倒なら、さば缶でもOK!
また、油はオメガ9系のオリーブオイルを選ぶとよいでしょう。
 


血管力を上げる5つの方法


 

 
(1)運動でNOを出す
(2)食材は魚がいちばん
(3)食べ方は大豆ファースト
(4)調味料は油を選ぶ
(5)検査で血管力を知る
 
この5つを守っていけば、血管力がアップします!
それぞれの詳しい情報は本誌にて解説されています。
 
血管力、といってもご自身がどれくらいの血管力なのかがそもそもわかりませんよね。
気になる方は、『血管年齢検査』(目安1000円程度~:自費検査)や、
『頸動脈エコー検査』(6000円程度~:自費検査)を行うのがおすすめです。
これについてもどんな検査か、本誌に記載されています。
 
こちらからお読みいただけます。

  • 記事の有効期限 2022.01.27