【1分で「伝わる」話し方】大阪府・吉村知事の一文一義スタイルから学ぶこと

  • 更新日

PRESIDENT(プレジデント)

【1分で「伝わる」話し方】

大阪府・吉村知事の一文一義スタイルから学ぶこと

  仕事でもプライベートでも、コミュニケーションを取る上で 話し方や伝え方はとても重要ですよね。 政治家の方々はテレビや新聞などの報道を通じて、自らの信条や理念、 政策を大勢の有権者にわかりやすく伝え、理解してもらう必要があります。 政治家の発信力のスキルはリモートで相手とコミュニケーションを取る場合にも 大いに活用できるはずです。   今回はカリスマリーダーのパフォーマンス力について長年研究してきた ハリウッド大学院大学教授で国際パフォーマンス研究所代表も務めている 佐藤綾子さんが大阪府の吉村洋文知事について分析しています。     「吉村さんは、発言の一つ一つが短文で、とてもわかりやすいんです」   “一文一義”という言葉がありますが、 吉村知事の会見やSNSではこの一文一義が徹底されていると佐藤さんは解説します。 一文一義とは、一つの文章を短くして、文章の意味も一つに絞ること。   一文が長くなり、論点が不明確になると聞いている人は 話し手が何を言っているのかわからなくなります。 伝えたいことを短く的確にすることで相手にしっかりと伝えることができるとのこと。  
  吉村知事が5月5日にSNSで公表した緊急事態宣言による店舗の休業要請などを判断するための 大阪府独自の指針「大阪モデル」に関するTwitterの投稿について。   自粛緩和を独自に進めていくこと、 第2波や第3波も想定した長期的な視点にも立った指針であることが明快に伝わってきます。 府民からも「わかりやすいし、これなら自粛も頑張れる」との声が多く寄せられたそうです。  
  また、佐藤さんは吉村知事が『ウイルスとの共存』『コロナ追跡システム』といった具合に わかりやすく相手の関心を引くような言い回しを使うのが上手だと言います。   オンライン会議のように情報伝達の手段が制約される環境では、 パッとわかる言葉を選び、言葉の数もなるべく少なくすることが 相手に話をわかってもらうためのコツです。   本誌ではさらに詳しい、吉村知事の表現について解説されています。 話し方、伝え方を良くしたい方はぜひこちらからお読みください。 ]]>