いつまでも自分の足で歩きたいから骨を強くする!《骨粗しょう症について》

  • 更新日

わたし時間

いつまでも自分の足で歩きたいから骨を強くする!

《骨粗しょう症について》

  骨は、いつまでも自分の足で歩き、生き生きと暮らしていくためになくてはならないもの。 骨粗しょう症になると大事な骨がスカスカになり、途端に骨折しやすくなります。 運動や適切な栄養を摂って、骨粗しょう症を予防しましょう!   骨粗しょう症は背骨の腰の部分と足の付け根部分に骨折が起こりやすい病気。 患者数は日本で1280万人、そのうち女性が980万人とのこと。 70代の女性で3人のうち1人が骨粗しょう症だそうです。  
  骨粗しょう症についての知識があるかを 日本全国の閉経した50〜79歳の女性3000人にアンケート! 結果、なんとなく知っているけどあまり詳しく知られていないことが判明!   骨粗しょう症の多くは閉経する50歳前後から発症するとのこと。 そして、骨粗しょう症を放置することはよくありません! 以下が骨粗しょう症の特徴だと言われています。   ・放置すると寿命が短くなる ・家族が診断されるとなりやすい ・痩せている人がなりやすい ・糖尿病と関連がある   本誌には、骨粗しょう症診断ができるチェックリスト掲載中!  
  骨折すると日常生活に響くし、精神的にも大変。 できることならなりたくない…! そう感じた方はぜひ本誌で骨粗しょう症についてもっと詳しくなりましょう! 本誌でじっくりお読みいただけます。   ]]>