つみたてNISAで2021年に人気だった投信は?【eMAXIS Slimシリーズが5本ランクイン】

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

 

今やいろんなところで耳にする『つみたてNISA』

税金ゼロのおトクな長期投資制度です。

 

非課税メリットを受けつつ、長期にわたり投資信託の積立てができる『つみたてNISA』
2018年の開始以来、毎年約80%の伸び率で加入者が増えています。

 

2021年は9月末までで、すでに2020年比で77%増を達成。

資産形成への意識の高まりを物語っています。

 

そこで気になるのは、つみたてNISAでどの投信が人気かということ!

SBI、楽天、マネックス、松井、auカブコムの5つの証券会社において2021年の11月末までで、
販売代金が高かった投資信託のトップ10を紹介します。

 

投資信託のトップ10

 

1位 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

2位 eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

3位 楽天・バンガード・ファンド(全米株式)【楽天・全米株式インデックス・ファンド】

4位 SBI・V・S&P500【SBI・V・S&P500インデックス・ファンド】

5位 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

6位 楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)【楽天・全世界株式インデックス・ファンド】

7位 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ 外国株式インデックスファンド

8位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

9位 ひふみプラス

10位 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

 


 

投資先は絶好調な経済を背景に注目が集まる米国株型や、それに牽引されて伸びる全世界株型に人気が集中しています。

また、投信のタイプは、10本中9本がインデックス型という結果に。

つみたてNISAの対象投信は9割がインデックス型ということも背景にありますが、
もう一つ、アクティブ型の成績が振るわなかったことも理由でしょう。

9位『ひふみプラス』の直近1年のリターンは3%、リスト外の19位『世界経済インデックスファンド』も14%でした。

 

上位には信託報酬が低い投信が揃った点にも注目。

運用会社の努力と、投資家の手数料への意識向上がうかがえます。

特に『eMAXIS Slim』シリーズが上位半分を占めています。

業界最低水準の運用コスト、という方針が大きく支持された格好です。

 

例えば1位のeMAXIS Slimシリーズの投信は、同じ投資先の4位『SBI・V・S&P500』より信託報酬が高い。

しかし方針どうりならば、同等の水準になることが期待できます。

 

ランキングを参考にしつつ、2022年の投信選びに活用しましょう!

詳しい信託報酬や上昇率などは本誌にてご覧いただけます。

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!