ねこが大好きななにわ男子・大西流星が語る『ねことアイドル』

  • 更新日
  • 記事の有効期限 2022.07.18

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

1冊タダ読み!

 

「ねこの手ってクリームパンみたいですよね」

 

満面の笑顔でねこと触れ合うのは、なにわ男子大西流星くん。

『もふもふモフモフ』など番組では、愛猫のトキくんとの仲睦まじい姿を披露し、
愛猫家としても知られています。

 

インタビューでは、ねこと過ごす「むちゃくちゃ幸せ!」な時間と、
なにわ男子として、大西流星としてのこれからの挑戦について率直に語っています。

 

トキくんを見つけたときは一目惚れだった

 

 

大西流星さんがねこを家族に迎え入れたのは、高校1年生のとき。

スコティッシュフォールドを飼いたいという大西さんに対し、
子どもの頃に飼っていたねこと同じアメリカン・ショートヘアが良いというお母さん。

迷っているときに出会ったのが、愛猫のトキくんだったそうです。

 

「トキくんは、折れ耳のスコティッシュで、毛色はアメショと同じシルバータビー。見つけた瞬間、『この子やん!』と(笑)、一目惚れでした。

トキくんはあまりねこっぽくないというか…表情があるんですよ。僕が突然帰ってくると『あれ?』みたいな顔をするし、怒られるとムスッとしている。あと、めちゃめちゃ人懐っこいんです。

今年の1月31日で4歳になりました」

 

ねこと触れ合うときに心がけていることはあるのでしょうか?

 

「“ねこファースト”です!ねこの気持ちを第一に考えて、無理矢理は禁物です。あとは、話しかけてあげるようにしています。言葉のキャッチボールはできないけれど、話をすれば伝わっている気がするし、意外と心を開いてくれるんです。家ではトキくんにもよく話しかけます」

 

 

ねこのツンデレは、アイドルも見習いたい!?

 

 

ねこは自分にとってどんな存在ですか?と尋ねると、じっくり考えたのちに一言。

 

「先輩、かな。すごく落ち着いているし、ツンとデレをうまく使い分けて人を惹きつけるなんて!アイドルとしては必須の力じゃないですか。究極の“あざとさ”を自然に出せてる(笑)。見習うところがたくさんあります」

 

大西さんの理想のアイドル像を聞いてみると…。

 

「理想は“尊いアイドル”です。親近感が湧く時もあれば、ステージの上ではダイヤみたいにキラキラして、届きそうで届かない。会えない時間も、会いたいって思ってもらえるようなアイドルになりたいです」

 


 

ねこ好きなことがとっても伝わるインタビューですね。

本誌ではなにわ男子についてもたっぷり語っています!

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2022

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

『ねこ』に関心のあるお客様へおすすめの『ライフスタイル誌』はコチラにあります!

こちらからお読みいただけます。

1冊タダ読み!
  • 記事の有効期限 2022.07.18