「夏山」を知り、「自分」を知る【ベストシーズンまであと数ヶ月】

山と溪谷

夏山は気持ちいい。

高い空、太陽に焼かれ、汗が風に渇いていく……。

今年も、そんな夏の山に登りに行こう。

でも、なんの準備もしなくていいのかな?

 

答えはNO!

備えをしっかりして、楽しい夏にしましょう。

 


夏山は危険がいっぱい!?


山は差別をしないけれど、加齢や健康状態によってリスクが増えていくのも事実。

40歳を超えた登山者に注意してほしいポイントをご紹介します。

 

想定するのは北アルプスなど標高3000m級の山小屋泊です。

今回はover40の登山者に起こりえるリスクを標高3段階に分類しています。

■登山口から森林限界付近までの「標高1000~2500m」

■森林限界を超えた「標高2500~3000m」

■高山エリア特集のリスクが発生しやすい「標高3000m超」

 

そのいち 標高1000~2500m


≪登山口周辺≫

夜行バスの移動による寝不足やストレッチのし忘れに注意!

 

歩き始めの準備が明暗を分けると言っても過言ではありません。

加齢によって筋力や柔軟性も低下していくので、ストレッチ等の準備体操や体調管理はしっかり行いましょう。

 

≪雪渓などの難所≫

疲労の蓄積による転・滑落事故に注意!

 

筋力の低下によってバランスを崩すと、こういう場所は大変に危険です。

実際、転倒による中高年の事故も発生しています。

自分の体力に見合ったコースを選ぶか、装備を軽くするなど無理のない計画を!

 

≪樹林帯≫

脱水症状・熱中症などに注意!

 

この場所の特徴は風が吹き抜けづらく、気温・湿度が高くなっていること。

加齢によって体温調節機能が低下するので、熱を逃がす工夫をすることが大切です。

水分補給もこまめに行ってください。

 

≪山小屋到着後≫

高山病や肺水腫、脱水症状に注意!

 

「あ~疲れた」と山小屋についてすぐに横になるのはオススメできません。

到着してすぐの昼寝は心臓に負担をかけるため、肺水腫を誘発したり、呼吸回数が減少するため高山病を発生させやすくします。

さらにお酒も利尿作用があるため、脱水症状を起こしやすくなるんです。

山小屋での行動には気を付けて!

 

 

これ以降の登山の注意点は本誌で◎

安全で楽しい夏の山登りを達成しましょうね。

丸ごとタダ読み

記事の有効期限: 2019年3月18日

 

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。