BE-PAL(ビーパル) 

日々、新製品が登場してくるアウトドアギア。

新機能に新素材と進化を続けている。

 

「それで結局どの道具がいいの?」

出てくるのはそんなシンプルな疑問です。

そこで今回は実践的な視点から<本当に使える道具>を見つめなおしました。

 


達人のイチオシ野外道具を拝見


使える道具……

それを明らかにするには、野外のプロたちに愛用品を聞くのが手っ取り早い。

早速アウトドアの達人に、おすすめアイテムを教えてもらいました!

 

BACK PACK -バックパックー


泊まりの山登りやキャンプに欠かせないのがバックパック。

私も学生時代は父から受け継いだもので、色んなところを旅しました。

 

バックパックは旅の相棒といっても過言ではありません。

そんなバックパック選びを指南してくれるのは『ヨシキ&P2』スタッフの吉野時男さん。

 

全ての用途にひとつで対応できる万能なバックパックはありません。

つまり、目的の数だけバックパックの種類は増えてきちゃうのが悩みですよね……

 

縦走やクライミング、沢登、バックカントリでスキーなどなど、

目的に合わせて最適なバックパックは変わります。

 

 

ショップスタッフという職業柄、吉野さんの所有するバックパックは様々。

しかし意外に50l以上の大型モデルはありません。

 

若い頃は根性でいくらでも荷物を背負っていたけれど、今は必要な物をコンパクトにまとめるようになったんですって。

確かに、私の持っているバックパックも50l以上あります。

最近はあんまり使ってないなぁ。

 

荷物がミニマムになれば、行動範囲は広くなって景色を楽しむ余裕も生まれます。

岩場や沢でも動きやすい方が有利ですもんね!

『軽くて丈夫なこと』こそがバックパックの絶対的な条件といえそうです。

 

欲張らずに1回の山行ごとに目的はひとつに絞る。

これさえ守れば、その日に必要なバックパックが見えてきます

 

例えば、『ザ・ノース・フェイス/マーティングイング10(旧モデル)』は日帰りのトレランやハイキングに最適。

軽さこそが行動距離を延ばす鍵なんです♪

 

用途別、おすすめバックパック、靴や焚き火台、ナイフは本誌でチェック◎