Fine(ファイン)

【キャンプ道具が役立つ】

アウトドアを日常使いしたら驚くほど快適だった

 

キャンプで活躍するアウトドアの数々。

自然の中でも快適に過ごせるギア類は、シーンレスに使える万能選手です。

ということは、日常の中で使えばより快適になるのでは?

Fineでは普段使い可能なギアの使い方を紹介しています。

 


【クルマで使う】テーブルやチェアでクルマの積載量を倍増させる!?


 

 

SUVでもミニバンでもワゴンでも、ラゲッジルームの容量には限界があります。

そこでアウトドア用のベンチやテーブルを駆使すれば、簡単に積載量が増やせます。

クルマの3列目をつぶしてテーブルを設置すれば、長尺物を2段に分けて収納することもできます。

 

 

HILANDER(ハイランダー)のテーブルは組み立てが3工程なので

ひとりでも設置でき、天板は分離して丸められるので収納がとてもコンパクトです。

組み立てが簡単で耐久性にも優れています。

 

W122×H43×D60cm

1万6280円

 


クーラーリュックにPCを収納


 

辻井さんは休日、自転車を4時間こいでキャンプ場へ行くそうです。

その際に使うのがハイドロフラスクのクーラーバック

22リットルという大容量で、キャンプに持っていくと便利なクーラー機能付きリュック

日々の買い物で重宝すると同時に、仕事でも有用だそう。

 

「分厚い断熱材は太陽の熱からPCやタブレットを守ってくれるだけでなく、クッション性も抜群。上部が大きく開くので、荷物の出し入れがしやすい点も魅力的ですね」

 

ソフトクーラーと同じく、中の水が盛れない作りになっているので、

雨に塗られても外の水が中に入ることもありません。

 

平日は仕事道具を入れて自転車に乗り、

休日はキャンプに必要なものを入れて、キャンプ場に行き来しているそうです。

かなり便利そうですね。

 


 

本誌では実際にアウトドアギアを使っている方たちの愛用品とその使い方を紹介しています。

本来の使い方とはまた違い、さらに役立つ情報が満載です!

こちらからご覧いただけます。