クリエイターがiPadを買うべき理由《イラスト、マンガ、音楽、YouTuber》

  • 更新日

iPad超活用術

クリエイターがiPadを買うべき理由

《イラスト、マンガ、音楽、YouTuber》

  2015年にiPad ProとApple Pencilが登場してから クリエイターにとって、とても便利になりました。 私も絵を描きますが、Apple Pencilは本当に素晴らしい描き心地です。 筆圧でサイズを変更したり、トントンと人差し指でペンを叩くだけでひとつ操作を戻したり… 便利すぎて普通のペンタブレットで操作を間違えます。(笑)   iPadを使ってみたい!でも何ができるの?というクリエイターさん必見です!  
イラスト
  イラストを描くなら、Procreateか、AdobeのFrescoというアプリで描くのがオススメだそう! 好きな色、好きなペン先、好きなタッチで無限に絵を描くことができます。 デザイン、ラフスケッチ、下書き、イメージ画、デッサン…なんでもiPadで描くことができます。  
マンガ
  今やペンと紙だけでマンガを描いている人は高齢の大家だけ。 デジタルで作画しているマンガ家の多くが セルシスの『クリップスタジオペイント』というアプリを使っているそうです。 2018年、クリップスタジオペイントのiPad版が2018年の秋に発売され、 どこでも作画を描けるようになり、革新となったそうです。  
音楽
    キーボードをMIDIケーブルでつないでシンセサイザーにしたり、 リズムマシーンとして使うことも。 標準で入っているGarage Bandでも多彩な音楽表現が可能。   マイクで音を収録し、各トラックを組み合わせ、iPadの中だけで音楽を作ることもできます。 iPadの中で編集、エフェクトをかけて曲として完成!  
  iPadがあれば、クリエイターは今までの作業をより効率的に、 そしてどこでもクリエイティブに活動することができます。 今や子どもたちの憧れの職業・YouTuberの動画編集もiPadで可能。 詳細は本誌をご覧ください。   ]]>