dancyu(ダンチュウ)

dancyu的 たまご料理 ザ・ベストテン!

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

数え切れないほどの飲食店の料理を食べてきたdancyuが見極める、

卵料理のベストテン!

写真を見るだけで、文章を読むだけで

卵のふわふわさや濃厚さ、あたたかさが伝わってきます。

 


北京遊膳(荻窪)


・サイパンシェ

初めの画像に載っている料理がサイパンシェ。

白身魚(真鯛と紅ズワイ蟹)と卵白のふわふわ炒め。

 

神業としかいいようのない火の通し加減で、

半熟とも違う食感が味わえるそうです。

 

 

・チャーフーヨーハイ

北京風のカニ玉は丸く固めずにふっくらと仕上げます。

 

・リュウホワンツァイ

北京宮廷料理が誇る一品。

全卵4個と卵白1個分、極細かいみじんぎりのハム、くわい、干し貝柱が入っています。

 


 

店主の斎藤さんは「たまごは火の通し方で七変化します」とのこと。

写真を見れば見るほど、こだわりの火加減が感じられる気がしますね。

 

卵料理のベストテン!他9つのお店の卵料理もご覧ください!

記事の有効期限: 2019年7月12日 Friday