珈琲時間

《創業70年目の純喫茶》

進化しつづける新宿の名曲喫茶で味わうコーヒーとトースト

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

新宿3丁目にある『名曲・珈琲 新宿らんぶる』は、

2020年で創業から70年目になり、長い歴史とともに

人々の心とお腹を満たしてきました。

 

 

コンサートホールのような赤い椅子にシャンデリア、

地下に広がるクラシックな世界。

 

店長の重光康宏さんはこう話します。

「自分の店だという感覚がないですね。みんながくつろげる場所という公共意識がありまして。お客様とともに作り上げたお店なんです」

 

かつては名曲喫茶として、客のリクエストに合わせてクラシック音楽を流していたそうです。

今では穏やかなBGMで音楽を流しています。

時代に合わせて小さな変化を見せつつ、内装や主なメニューといった大きな部分はそのまま。

 

ピザトーストやコーヒーゼリー、昭和レトロなメニューは懐かしさを覚えます。

『琥珀セット』は、厚切りトースト、コールスロー、ヨーグルト、

そしてブレンドコーヒーという隙のない組み合わせ。

ブレンドコーヒーは4種の豆と2種の焙煎方法で生み出しています。

 

モンブランやチーズケーキなど、王道で愛されるケーキも揃っています。

 

ここでどれくらいの人々がコーヒーを飲み、音楽を楽しんだのでしょうか。

純喫茶がお好きな方はまず行ってほしい喫茶店です。

 

本誌は東京を中心に、日本の純喫茶を多数特集しています。

こちらからお読みいただけます。

記事の有効期限: 2021年5月2日 Sunday