おとなの週末

《機内食に採用された #チーズ も》

美味しい国産ナチュラルチーズを買えるお店

 

チーズといえばフランスやイタリアを思い浮かべますが

ここ10年で国産ナチュラルチーズはどんどん進化し、

海外でのコンテストで受賞するものも出てきています。

味わい深い国産のチーズが買えるお店をおとなの週末で特集しています。

 


チーズのこえ/ 清瀬白河


 

北海道には現在約140のチーズ工房があり、「チーズのこえ」では

選りすぐりのチーズを年間で300種類以上取り揃えています。

道内全域のチーズを扱う店は現地にもないそうです。

 

代表の今野徹さんはそれぞれの工房と原料となる生乳の特徴、

製法、季節による味わいの違いまで知り尽くし、

納得したものだけを取り寄せています。

 

「チーズの味は生乳の味わいと熟成される土地の気候風土で変わります。作り手の腕はもちろんのこと、人柄まで反映されているんですよ。しゃべれないチーズに代わって、その声を届けていきたい」

と今野さんは話します。

 


『このみ』長坂牧場チーズ工房/ 730円(100g)


釧路・標茶町の小さな工房で手作りされている『このみ』。

ウォッシュタイプ特有の香りは穏やかでコクがあります。

パンにのせてトーストするとよりふくよかになります。

 


『江丹別の青いチーズ』伊勢ファーム/ 1310円(100g)


 

口に含んだ瞬間にピリリとした刺激と、

あとから広がるコクがブルーチーズ好きにはたまりません。

アカシアのハチミツと相性抜群です。

 

国際線ファーストクラス機内食に採用された逸品です。

 


 

このチーズ特集は、チーズ好きな方にはたまらないページですね。

私もチーズが大好きです…!

北海道の様々なチーズが清瀬白河で購入できるなんて最高です。

 

気になる方は是非本誌でチェックして、買いにいってみてください。