おとなの週末

《食欲の秋・秋の旬といえば?》栗、キノコ、銀杏の炊き込みご飯

 

浅草の雷門から少し離れた静かな場所にある、「花鼓」

#居酒屋 のように気楽だけど、料理はきっちりと #和食

近所の方々の普段使いも多く、暖かな雰囲気。

 

料理人の大田さんは、すっぽん料理や懐石など、幅広く修行した料理人。

釜飯居酒屋にいたことがあるだけに、炊き込みご飯にも思い入れが深い。

 

お店では、季節の炊き込みを中心に、いつも数種類を用意しているそうですが、

修行先の人気メニューを受け継いだという「角煮の炊き込み」は特に個性的。

豚の脂がご飯に溶け込む濃厚な味わい。

 

そして「季節の炊き込み」で秋には、栗、キノコ、新銀杏をふんだんに入れたもの。

炊き込みにはどれでもお茶漬けセットがつくので、最後の一杯はダシをかけて

サラサラとかき込めば、お腹一杯でもぺろりと胃に収まります。

 

優しい味、脂が染み込んだ味、炊き込みご飯にはいろんな楽しみ方があって素敵ですね。

秋にしか味わえない炊き込みを食べに行ってみませんか?