Hot-Dog PRESS(ホットドッグプレス)

「フーロドス」サービスで年間643万トンの食品廃棄を減らす!

 

今、世界で深刻な社会問題となっている食品廃棄物。

日本では、まだ食べられるのに捨てられている

“フードロス”量が年間643万トンにも及ぶそうです。

 

これを受けて、飲食店や小売店から出る食品廃棄物を減らすための

様々なサービスがスタートしています。

 


日本最大級のフードロス解決サービス『TABETE』


 

開店時間や賞味期限などの理由で捨てざるを得ない飲食店の余剰食品を

手軽にレスキューできるプラットフォーム。

 

商品の入れ替え時間や、閉店時間が近づきロスが発生しそうになったら

各店舗がその商品をアプリ上に掲載し、

ユーザーはまだおいしく安全に食べられるメニューを最大60%引き程度で

購入することができます。

 

飲食店、惣菜店、パン屋、お菓子やなどの余剰商品を

割引価格で買えるのはうれしいですね。

エリアは東京、埼玉、神奈川、石川、静岡、愛知で展開中だそうです。

日本全国に広がると嬉しいですね!!

 

私もインストールしてみました。

まだ近所の登録店が少ないのでもっと増えたら嬉しいなと思います。

 

『TABETE』を始め、フーロドスを減らすサービスが本誌に掲載されています!

ぜひチェックしてみてください。