「秋だ!新ソバの季節だ!」今年は<幻のソバ>に挑戦してみませんか?

蕎麦春秋

今年も新ソバの季節がやってまいりました。

せっかくの食欲の秋です。

紅葉狩りにちょっと足を延ばして、

<幻の“在来種”ソバ>を楽しむ旅に出かけませんか?

 

≪在来種とは≫

その土地で昔から栽培されてきたソバのこと。

品種改良されていない野趣あふれる味わいが魅力です。

絶滅の危機に瀕していましたが、近年その味が見直され、

復活の兆しが見え始めているんです!

 

遠出するのなら、やっぱりその土地ならではの食を楽しみたいものですよね?

そんな食通さんに、在来種のソバはもってこい!

ぜひ味・風味・香りの違いを感じてください。

 

≪幻のソバ五選≫

戦後間もない頃は全国で栽培されていた在来種。

しかし近年は、品質や収量が安定しないことを理由に、手に入りにくい食材になっています。

本誌では、そんな幻の五つのソバを大公開!

▼気になる方は、今すぐ画像をクリック(一冊タダ読みにジャンプします)◎

選出は東京・西八王子「蕎酔庵 いっこう」の店主・柴崎和紘さんにお願いしました。

 

ほとんど関東に出回ることのないとされる幻のソバたち。

柴崎さんのお店では、この数年で十八品目。

常時は、最低でも三~四種類の粉は取り揃えているということですが、

五つどれかのソバを食べられる方は本当にラッキー!

 

本誌では、在来種について詳しく紹介している他、

人気店の紹介や匠の流儀についてなど、盛だくさんの内容でお送りします。

雑誌内で表示される店名をクリックすると、食べログなどの紹介ページも見れるので便利ですよ◎

 

食べ物も美味しくなり、食欲も出てくるこれからの季節。

今年は<新たな新そば>探索に出かけましょう。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。