料理通信

ドーナツの個性って何?

人気ドーナツ店の個性あるドーナツが人気なワケ!

 

東京だけでも、おいしいドーナツを売るお店は本当にたくさん。

そして味や形もそれぞれで、巡っていたら何年かかるのやら…(笑)

 

そんなドーナツ好きさんの気持ちを解決してくれる記事がこちら!

東京・神奈川にある人気の高いドーナツ店のドーナツを

2人のテイスターが徹底的に研究しています。

 

2人のテイスターは、

代々木八幡にある『PATH』のシェフパティシエ・後藤裕一さん、

株式会社amanaのコーヒー部門を統括する

コーヒーのスペシャリスト・中川亮太さん。

 

 

また、各ドーナツに合うコーヒーの紹介もされています!

コーヒーとドーナツは本当に相性がいいですよね。

 


ブレッドプラント オズ / プレーンシュガードーナッツ


 

2種類の強力粉を使用し、自家栽培酵母で発酵。

歯切れのよさと小麦の香りが心地よく、季節の限定フレーバーも人気です。

 

後藤:ふわりとしつつ歯切れがよく、粉糖の優しい甘さが際立つ。

中川:しっかり砂糖がまぶされているけれど、主張が強すぎない。

 


ブーランジェリー・ジャンゴ / アップルサイダードーナッツ


 

牛乳の代わりにりんごを使って作るケーキドーナッツ。

ふわっと香るシナモンがりんごと好相性。

コントラストのはっきりした食感も楽しい。

 

後藤:ゴツっとした見た目の印象に反し、上品な味わい。

中川:遊園地のチュロスを思い出す、シナモンの香り。

   食べた後、リキュールのような香りも。

 

こちらのアップルサイダードーナツは、

なんとメニューが公開されていてご自身で作ることができます!

 

 

本誌で公開中!

ぜひおいしいドーナツを買いに行ったり、

オリジナルのドーナツを作ってみてください♪

記事の有効期限: 2019年5月13日 Monday